• 「欧米のユーザーは90%がクラウドで使っている」、カナダKinaxis社のSCMツール

    SCM(Supply Chain Management)ツール「RapidResponse」を開発、販売するカナダKinaxis社上級副社長のJeff Johnson氏らが2015年2月末に来日して日経テクノロジーオンライン記者と会見、「2006年からサブスクリプション(年間使用量)でシステムを供給しており、欧米ではユーザーの90%がクラウドサービスを利用して稼働させている」などと語った。

  • 考えるべきこと – 今後サプライチェーンに降りかかる大きな混乱(英語)

    次のリンクでは、サプライチェーン戦略の設計に関する興味深い洞察と展望を紹介しています。筆者は重要な側面にハイライトしており、インターネットの常時接続により、クリック1つ、あるいは数秒で膨大な量の情報にアクセスできるようになったことで、今や「顧客」が主役になっていると述べています。

  • BtoBマーケティング: ユーモアの余地はあるのだろうか?(英語)

    別の例として、サプライチェーン管理の要点をまとめるために、時代遅れのシナリオの考えを利用したキナクシスを挙げてみます。以下はキナクシスがどのようにユーモアを盛り込んでいるかの例になります。

    保守的な方は、心を常にオープンにしておくことができないことが問題なのです。私は既存のものをすべて排除するように提案しているわけでは全くありません。

  • 感知して反応する: デジタルのメリットを活用する(英語)

    GTNexusやKinaxisといった著名なソリューションでは、サプライチェーンのプランニングと実行の統合を支援し、世界中のビジネスネットワークにわたり迅速なレスポンスと調整を可能にしています。

  • サプライチェーンに関する著名なWebサイト(英語)

    キナクシスでは、サプライチェーンおよびセールス&オペレーションソリューションのプロバイダであり、サプライチェーンエキスパートコミュニティを運営しています。同コミュニティは多彩なサプライチェーンの題目について、各専門のエキスパートたちが意見を交わすフォーラムとなっています。中でも、サプライチェーンブロガーとして著名なDustin Mattisonは非常に興味をそそられる前向きな投稿を行っており、各分野のリーダとの対談を掲載しています。例えば、サプライチェーンにもたらされる次世代のメリットに関する彼の最新のインタビューがあります。

  • Celestica、2013年度のTCOサプライヤアワードを発表(英語)

    トロント、カナダ - エンドツーエンドの製品ライフサイクルソリューションを提供するグローバルリーダ、Celestica Inc.(NYSE, TSX: CLS)は本日、2013 Total Cost of Ownership(TCOOTM)Supplier Awards(TCOサプライヤアワード)の受賞者を発表しました。アワードでは、Celesticaとその顧客に対して、品質、デリバリ、テクノロジ、サービス、価格、および柔軟性を考慮した最も優れたTCOパフォーマンスを提供したサプライヤを表彰しています。

    Best IT Technology Partner Award(ベストITテクノロジパートナーアワード): キナクシス

  • 「その製品1つ作ったらいくら儲かるの? 」に答えられるか ― キナクシス

    日本の製造業の海外展開の歴史は古く、SCMの導入も進んでいる。しかし、今さらにSCMの一段の強化が求められるようになっている。なぜサプライチェー ンを今さらに強める必要があるのか。カナダ Kinaxisのバイスプレジデント トレバー・マイルズ氏と、プロダクトマネジャーのアンドリュー・ベル氏に話を聞いた。

  • ビジネスは実績管理よりも将来をどうするかでしょう?

    業績を左右するのは実績系ではなく計画系。シナリオ策定のスピードと判断材料の多さを強みとするKinaxis Corp.の考える製造業のあるべき姿とは?

  • <インタビュー> キナクシス、国内SCM市場の攻略に本腰、「高速シミュレーションが強み」