多様なサプライチェーンソリューションまたはモジュールを繋げただけでは、サプライチェーンのプロセスを統合したことにはなりません。個々の機能を活用するだけでなく、テクノロジが具体的にビジネスの業績につながったときに、はじめて本当の価値を引き出すことが可能になります。これは、シングルシステムでバリューチェーンを形成できてこそ達成できるのではないでしょうか。

Supply Chain Complexity

グローバル展開が不完全
意思決定の遅延
機能的限界

Integrated Supply Chain Management

グローバルサプライチェーンの可視化とアライメント
迅速かつ正確な意思決定
エンドツーエンドのプロセス

サプライチェーンソリューションに対する新たなアプローチ

アプローチによって得られる価値が決定します

パッチワークでの統合型デマンド/サプライチェーン管理に投資することはギャンブルであり、業界では概して複雑なマルチシステムでの環境に疑問を抱いています。エンドツーエンドのサプライチェーンの可視化、アジリティ、そしてアライメントに対する注目が高まってきており、モジュールを基本としたレガシーのサプライチェーンソリューションの限界が明白になりつつあります。

business drivers

tech drivers

「1つ」の威力

私たちはビジネスの複雑性を排除するために企業を支援しています

サプライチェーンとは、ビジネスにおけるオペレーションのコアとなるものです。今日の急激な変化は、各業務とサプライチェーンマネジメントとの因果関係、および他の業務へのインパクトを増幅するものだと言えます。企業がパフォーマンスの真のブレークスルーを達成するためには、意思決定の方法を変え、サプライチェーンのプロセス、部門間、そして企業全体における取り組みを調整する必要があります。

RapidResponseを導入しているお客様の成果

  • より効率的かつ高い収益を生む方法により、業務に関する特定、評価、そして行動を起こすことが可能になりました。
  • 行動を実践する前に、意思決定による業務間に及ぼす影響を把握するために、各業務プロセスの連携を実現しています。
  • 多様で特定業務に特化した複数のサプライチェーンソリューションをリプレースすることができました。
  • サプライチェーンに競争優位性を持たせることで、顧客サービスの向上、サプライチェーンリスクの削減、そして財務パフォーマンスの改善を達成しています。