今日、高いレベルでの精度を持って、将来を予測することは困難になってきています。つまり、サプライチェーンの成否は、ステークホルダがいかに迅速かつ効果的に現状を理解し、対処できるかにかかっています。

各産業、部門、そして業務プロセスで起こっている変化に対して、私たちは将来のイベントを予測し、迅速に変化に対応していく必要があります。つまり、需給変動に対するインパクトを察知または理解し、最善の判断を下すために要する時間が、オペレーションの柔軟性とビジネスの収益性を決定するといっても過言ではありません。

RapidResponseにより、企業はより早く知り、以下の観点からより迅速に行動を起こすことが可能になります。

  • 長期または短期
  • 詳細かつ包括的
  • 戦略、オペレーション、実行


Know Sooner Act Faster Icon JP

Know Sooner


検知するまでの時間を短縮する

組織において、(すぐにまたは将来的に)リスクを起こす可能性のあるイベントが発生した場合、関係者はすぐさまアラートを受ける必要があります。長期のサプライチェーンプランニングの場合でも、市場の要求とそれによる組織的なインパクトをすぐに知ることは、将来に向けて正しい判断を下す上で非常に重要となります。

すべての部門、およびサプライチェーンプランニングのあらゆるレベルにおいて、現在および将来の状況に関する展望を共有し、共通理解を持つことは大変重要であり、サプライチェーンに対する適切なレスポンスの調整に効果的に貢献することにつながります。

変更内容、計画内容の如何を問わず、以下の内容を知る必要があります

  • 発生したイベントとそれによる影響
  • オペレーションに対してすぐに発生する影響、将来的な影響、および累積的影響
  • インパクトを受ける者、および対応を判断するために関わる必要がある者

Act Faster


軌道修正の時間を短縮する

インパクトを受けることが判明したら、迅速にあらゆる対策シナリオをシミュレーションし、最適なソリューションを見つけ出さねばなりません。タイムリーな解決は、オペレーションが潜在的な打撃を被ることを回避するために重要な要素になってきます。

サプライチェーンに対して、連携性に欠け、その場しのぎの対処をしてしまうと、顧客満足が低下してしまう場合が多々あり、その原因としてレスポンスの遅さ、または業務に与える財務およびオペレーションのパフォーマンスに与える影響をさほど理解せずにアクションを起こす場合を挙げることができます。

解決策は以下のコラボレーションを通じて導かれる必要があります

  • 各部門の関係者
  • 業務の各段階における関係者
  • 異なる目標を設定している関係者

シングルシステムを活用することにより、異なる意見を調整し、合意に導く分析と意思決定を可能にすることができます。

|

Jabil Why Kinaxis?

Jabil - Why Kinaxis?

Qualcomm Using RapidResponse as the Supply Chain Planning Engine for the Company

Qualcomm - Using RapidResponse as the Supply Chain Planning Engine for the Company

Ferrari Research Kinaxis the First in Supply Chain Response Management

Ferrari Research - Kinaxis the First in Supply Chain Response Management 

Kevin O'Marah RapidResponse What-if Analysis Making the Right Tradeoffs

Kevin O'Marah - RapidResponse What-if Analysis: Making the Right Tradeoffs

Doug Colbeth Operating Priorities Supply Chain Visibility, Impact Analysis, and Speed to Response

Doug Colbeth - Operating Priorities: Supply Chain Visibility, Impact Analysis, and Speed to Response

John Sicard Collapsing the Speed to Detect and Speed to Correct

John Sicard - Collapsing the Speed to Detect and Speed to Correct