Supply Chain Analytics Icon

サプライチェーンマネジメントに関する意思決定を行う前に、影響を事前に把握することが大切です。

RapidResponse® の肝は、自社開発のインメモリデータベースとサプライチェーンアナリティクスとの最適連携であり、膨大なデータレコードの処理と複雑な計算を高速で行うことができます。

サプライチェーンアナリティクスは、RapidResponseにダイレクトに組み込まれており、カスタムアプリケーションやレポートに依存することなく、各種シミュレーションの結果を短時間で表示させることができます。インパクト分析を高速で行い、決定内容を実施する前に影響を特定することが可能なため、より効率的で理想とするサプライチェーンを構築することができます。

Supply Chain Analytics Icon

RapidResponseサプライチェーンアナリティクスには以下の内容が含まれています

  • 割り当て変更
  • 代替BOM
  • 属性ベース計画
  • 納期回答(ATP)
  • BOM展開
  • BOMレベルの部品代替
  • 生産可能在庫量(CTP)
  • 容量分析
  • コプロダクト/バイプロダクト計画
  • 制約管理
  • 累積リードタイム
  • エンジニアリング変更
  • フィーチャーBOM

  • 財務分析
  • フォーキャスト引き当て
  • フルレベルペギング
  • 目標ベース分析
  • 代替品
  • インクリメンタルアベイラビリティ
  • 交換可能部品
  • 在庫プーリング
  • 輸送在庫
  • 引き当て/生産可能在庫量におけるカンバンサポートの計算
  • 部材期限
  • モデルユニット効果


  • MRP(引き当てと急増)
  • マルチエシュロンの在庫最適化
  • マルチレベル検索
  • マルチサイト
  • マルチソーシング
  • 優先順位
  • 出荷セット/全注文のアベイラビリティ分析
  • シングルエシュロン在庫計画
  • 供給割り当て
  • 時系列価格

アナリティクスの説明の詳細はこちら

Supply Chain Analytics Icon

アナリティクスコードは、データおよび多様なデータリレーションシップにダイレクトアクセスのあるデータベースエンジンに直接コンパイルされます。ビジネスにとって、データベースとアナリティクスエンジン間のデータ移動を最小限に止めることはパフォーマンスの向上につながります。

計算し予測する

RapidResponseのデータおよびアナリティクスモデルは、スタティックな入力データだけでなく、キーパフォーマンスの計算結果(例:充填率、不足、過剰/不良在庫、注文、利益予測、売上予測など)にも対応しているため、過去、現在、将来といったサプライチェーンにおけるあらゆる段階をモデリングし、表示させることが可能になります。

あらゆるERPに対応

RapidResponseのスケーラブルなインメモリのコンピューティングエンジンは、あらゆるデータモデルを再現し、ERPのタイプに依存しないアナリティクスを可能にしています。単一のシステムで同時に複数のERPシステムや複数のエンタープライズのトランザクショナルアプリケーションをモデリングし、再現することができます。このようなテクノロジブレークスルーにより、お客様は業務全体にわたり、RapidResponseの関連アプリケーションの適用領域を一貫して拡張することが可能になります。

リアルタイムの反応

バッチ主体によるシステムとは異なり、RapidResponseアナリティクスは一貫して、また自動的に入力値の変更結果を計算することができます。例えば、注文数を変更した場合、RapidResponseはすぐさま現在のプランニングデータを刷新し、因果関係による結果のアップデートを表示させることができます。つまり人間の脳のように、変更が発生した場合、常に先を見越した結果を表示し、解決策のヒントをもたらしてくれます。

Supply Chain Analytics Icon

RapidResponseの基盤となる価値は、高速で柔軟な構成が可能な、内蔵されているサプライチェーンアナリティクスにあります。

結果は?

checkmark

より広範な分析機能により、より多くの人間が恩恵を受けることができます。

checkmark

システム間にわたる一貫した計算能力を発揮します。

Checkmark

より迅速かつ最善の判断が下せるようになります。

汎用のインメモリデータベ―スエンジンがあれば、企業、さらにはシステムインテグレータにとって、このテクノロジを活用するためには高度なサプライチェーンプランニングツールが必要となることが分かります。しかしながら、そのような環境の構築、保守、アップグレードにかかるコストはほとんどの企業にとって負担できないものであり、キナクシスがRapidResponseでサポートできる広範な技術および業務を専用システムでサポートできる可能性はほとんどありません。

JOSHUA GREENBAUM, 氏、エンタープライズアプリケーションコンサルティング

Duncan Klett The Limitations of Supply Chain Planning Optimization

Duncan Klett - The Limitations of Supply Chain Planning Optimization

Duncan Klett What Makes Kinaxis Different?

Duncan Klett - What Makes Kinaxis Different?