Supply Chain Alerting Icon

RapidResponse® のアラートテクノロジにより、サプライチェーンリスクとオポチュニティといった最重要事項を監視、管理することが可能になります。

キナクシスの例外通知では、需給条件の変動やビジネスへの潜在的インパクトに関するアラートを発信します。想定外のことが発生した場合、そのことを知ることは非常に大切であり、以下の内容を把握する必要があります。

  • 背景
  • インパクト
  • 状況に対してとるべき方策

Supply Chain Alerting Icon

RapidResponseでは以下のことを実現します

  • 独自のアラート基準を指定し、各自でアラートを設定することが可能で、特別なプログラミングやITサポートは不要です。
  • 措定した変動条件に対してデータを監視しつつ、過度のアラートが発信されないように変動の許容範囲を決めることができます。
  • 特定のサプライチェーンリスク(例:供給遅延)または特定の条件(例:特定のイベント、または一連のイベントの累積の結果に対して、一定の統計値がネガティブなインパクトを与える場合)を監視することができます。
  • レスポンスを自動化し、追加の付随的プロセスのトリガーとしてアラートを活用することができます。
  • 例外的条件に合致した場合にメッセージを受信するように設定することができ、メッセージには必要情報とワークブック内の影響が及ぶデータへのダイレクトリンクが含まれており、ドリルダウンにより詳細を理解し、続いてチームを編成し対応策を分析することができます。


Supply Chain Alerting Icon

RapidResponseの「スマート」なアラート機能により、ユーザ定義による視点からサプライチェーンリスクおよびオポチュニティを監視し、すぐさま行動を起こすことを可能にします。

因果関係をベースとする

例外アラートは、イベント自体を元に通知される場合が多々あります。アラートを真に有効活用するためには、イベントにより予測されるインパクトを元に通知されるべきであると言えます。RapidResponseでは、実際にビジネスに悪影響を及ぼす例外の場合のみアラートを発信し、オペレーションおよび財務の観点による正確な因果関係を知ることができます。

独自に設定できる

独自のアラート基準を指定し、各自でアラート内容を変更設定することができます。詳細に監視したい領域を指定するにあたり、プログラミングやITサポートは不要です。

迅速なレスポンスを促す

多くのベンダでは、自社のアラート機能を「感知と反応」といった視点でのみ推奨しています。インパクトの重大性を元に通知する機能を提供しているベンダはほとんどなく、サプライチェーンレスポンスのプロセスを実現するツールを提供しているベンダは少数です。ビジネスに対するリスクのアラートは、因果関係を理解し、すぐさまレスポンスできるようなツールであってこそ初めて価値をもたらします。

Supply Chain Alerting Icon

RapidResponseは必要なすべての情報を必要な時に提供することができます。

結果は?

checkmark

本当に必要な行動の優先度を把握することができます。

checkmark

緊急の課題に対するプロアクティブなアラートにより、問題の拡大を防ぐことができます。

checkmark

課題の根本原因を解明し、コラボレーティブなアクションをとるためにツールを活用することができます。