Kinaxis® RapidResponse® は、サプライチェーンマネジメントのソフトウェアソリューションとして、自在に構成可能なアプリケーション群の統合セットの形で提供されており、世界中の企業におけるプランニングの改革を支援しています。RapidResponseでは、サプライチェーンプランニングおよび分析の包括機能を備えており、企業における相互接続された複数のサプライチェーンマネジメントや、S&OP(セールス&オペレーションプランニング)プロセスの管理に役立ちます。

RapidResponseは、供給計画在庫管理受注処理容量計画基本計画S&OP、またはその他の業務などの改善を通じて、サプライチェーンジャーニーを支援します。また、柔軟性と拡張性を備えており、毎回負荷かのかかるカスタムコーディングを必要とせずに、目的に応じてアプリケーションを迅速に構成することができます。

世界中の著名な製造業者は、RapidResponseにより以下を実現しています:

  • ERP(エンタープライズリソースプランニング)に対する投資価値を高めています
  • 既存のレガシーシステムに内在するパフォーマンスおよび機能的制約から解放されています
  • 一対多対応」のソリューションにより、複雑で多様なサプライチェーンマネジメントのモジュール群や特定のサプライチェーンソリューション間の連携が不要になりました。
  • 統一性と管理性に欠けるスプレッドシートを排除することに成功しています
  • エンドツーエンドのサプライチェーン実現への道筋を開いています

Why Kinaxis is Different JP

RapidResponseにより、一元環境の下、関連業務にわたり一貫したな計画、監視、そしてレスポンスが可能となり、サプライチェーンマネジメントの包括的なブレークスルーを実現することができます。このような独自機能により、お客様はサプライチェーンプランニングのサイクルおよびレスポンスタイムを劇的に短縮しつつ、分析の精度向上と収益増を達成することができます。

ブレークスルー

Integrated Supply Chain Planning

一貫した計画

RapidResponse for Supply chain performance monitoring

パフォーマンスの監視

RapidResponse for Supply Chain Response Management

レスポンスの管理

だからすることができます...

Know Sooner Act Faster

ビジネスに必要不可欠な要素を満たしていますか?  サプライチェーンレスポンスマネジメントの詳細はこちら

Supply Chain Data Model 

多様なシステム間のデータを連携させることは、非常に時間がかかり、エラーが発生しやすく、保守が困難だと言えます。モジュール間のデータのステージングとエージングは、意思決定の精度とスピードの両方を損ねてしまいます。また、システム間、またはプロセス間のインタラクション(あるいはインタラクションの欠落)は、ビジネスにリスクをもたらす可能性が高くなってしまいます。RapidResponseは、データ、プロセス、人を連携させ、事実を素早く把握し、迅速に対応できるようにすることでリスクを排除します。

RapidResponseの特長

  • シングルデータモデルおよびアナリティクスエンジンにより、すべてがサポートされている各種のサプライチェーンアプリケーションを提供しており、シームレスなプロセス間のインタラクションを実現します
  • 静的な入力データ(例:基本データ、注文、WIP、在庫等)だけでなく、同時にキーパフォーマンスの計算結果(例:正納率、欠品、超過/陳腐化在庫、注文処理、利益予測、売上予測等)を得ることができます
  • 将来または現在のビジネスに被害を及ぼす可能性のある変動を検出するために、サプライチェーンにおける過去、現在、未来の状態を表示できるデータおよびアナリティクスモデルを提供します
  • ホストのERPシステムに使用されているアナリティクスをエミュレートし、サプライチェーンのいずれかのレベルで需給変動が発生した場合、該当するホストシステムに組み込まれたERPアナリティクスをすべて呼び出し、組織全体にわたる影響を即座に可視化することができます
  • 幾通りもの「What-if」分析による明確、完全、かつ正確なシミュレーションにより、問題解決をサポートします

Know Sooner Act Faster Icon

RapidResponseでは、誰もが単一プラットフォームを活用し、サプライチェーンネットワーク全体にわたるプランニングデータに関して、管理、連携、整合、共有、そしてコラボレートすることができます。

Rapid What-If Analysis

今日の世界では、実際に計画通りにいくことはほとんどないと言っていいでしょう。需要、供給、容量、ポリシーなどは、前触れもなく変更を余儀なくされることがあります。ミスを犯さず、問題個所を素早く検出し、行動を起こすことはビジネスの業績に直結します。RapidResponseは、意思決定の遅延を劇的に削減し、より迅速に対応することでオペレーションおよび財務パフォーマンスの改善を図ることができます。

RapidResponseの特長

  • インメモリデータベースエンジンの特許を保有しており、需要、供給、容量、そしてポリシーに対応しています
  • 洗練され、ネイティブで同期されたサプライチェーンアナリティクスを備えており、数秒で膨大な量の計算を実行することができます
  • データセットの規模を問わず、シナリオをわずか数秒で作成することができます
  • キナクシス独自のマルチバージョンニングテクノロジを活用しており、いつでも、どこでも、誰にでも、独自のシナリオをシミュレーションし、多様なプランニングやレスポンスのパターンの影響をテスト、比較、そして共有することが可能になります

Know Sooner Act Faster Icon

RapidResponseでは、かつてないほど容易かつ迅速にサプライチェーンに関する「What-if」分析を行うことができます。

Supply Chain Collaboration

プランニングに対するレガシーのアプローチでは人を排除してしまいます。大がかりな計算能力を活用するだけでは十分ではありません。コンピュータはデータ処理には適していますが、不確実性や歩み寄りに対する理解は人間の方がはるかに得意としています。まさにコンピュータと人間の両方をサポートする必要があるのです。

RapidResponseの特長

  • 正確なデータと確実な分析に裏付けられた、目的を持ったサプライチェーンコラボレーションを開始するための具体的な手段を提供します
  • 各個人のプロフィールの一部として担当責任範囲を抽出し、個々の業務に対してイベントが与えるインパクトを自動的に特定することができます
  • 作戦司令室のオンライン版として機能し、解決策の合意に到達するために、イベントに影響される人間や提案されたアクションが総合的に考慮されます
  • 然るべき人たちにより吟味された実行可能なソリューションをもたらします

Know Sooner Act Faster Icon

RapidResponseでは、単なる数値計算による最適化ではなく、人間の判断とコラボレーションを活用する仕組みを持っています。このようなブレークスルーにより、予期しないサプライチェーンのイベントがもたらすオペレーションパフォーマンスに対するインパクトを理解できるだけでなく、誰が、なぜ影響を受け、解決策としてどのような選択肢があるかを把握することが可能になります。

Configurable Supply Chain Solutions

それぞれの企業、それぞれのサプライチェーンに同じものは2つとして存在せず、状況は常に変動しています。もしも潤沢な資金があるならば、既存のサプライチェーンソフトウェアを完璧に近づけるべくコードをカスタマイズすることを選択できますが、ビジネスが目まぐるしく変化する環境に迅速に適合するソリューションを構築しようとするならば、アジリティが必要になってきます。

サプライチェーンソフトウェアには柔軟性が必要であり、市場に対応し、新規の実務やポリシーを取り込み、オペレーション方法の見直しにも対応できるものであるべきです。

RapidResponseの特長

  • 非常に柔軟な構成が可能で、個々のユーザやユーザコミュニティのニーズに対応し、それに合致した知見やリソースを提供します
  • プロセスの視点での非常に高い順応性と拡張性を持っており、サプライチェーンの最終目標を達成するためのテクノロジを活用したロードマップを提供します
  • 実装と保守の観点で非常に高い柔軟性を持ち、迅速なインプリメンテーション、ユーザの高採用率、そしてビジネス価値の素早い創造を実現することができます


Know Sooner Act Faster Icon

RapidResponseではニーズに応じた構成を迅速に設定することが可能なため、コストがかかり、しかも制約のあるカスタムコードは不要になります。