S&OP Icon

経営陣のサポートや組織的アライメントの欠如、そして優先度の競合は、セールス&オペレーションプランニング(S&OP)の成功の妨げになります。Kinaxis® RapidResponse® S&OPアプリケーションにより、企業の財務目標に最適な形で、販売およびオペレーション計画におけるコラボレーションや、評価、選択が可能となります。

S&OPアプリケーションはシングルシステム上で運用されるため、セールス&オペレーションプランニングのプロセスを以下の方法により、真に変革することができます:

  • すべての情報がシングルデータモデルより抽出されるため、供給および需要計画、ボリュームおよびミックス計画、長期および短期計画を連携させることができます。
  • すべての担当者が同一のデータソースを活用するため、需要計画、供給計画、財務、販売、マーケティングなど複数の部門・業務を横断したコラボレーションが可能になります。
  • プロセステンプレートやタスクフローがユーザごとの活動をガイドし、全てのグループがS&OPにおけるクロスファンクショナルプロセスに関わる依存関係を理解し、タイムライン順守することを支援します。
  • S&OPプロセスのあらゆるステージを同時に、および一貫して進めることにより、プロセスの効率性が改善され、既存のS&OP計画に最新の変化や判断が反映されるようになります。

アプリケーション連携による付加価値の創造

RapidResponseのアプリケーション群の最大のメリットの1つは、広範な統合型ソリューションの一部として他のアプリケーションと連携して実装できる点にあります。

組織のニーズに応じて、S&OPアプリケーションを1つまたは複数の関連するアプリケーションと併用することにより、相互関連のある計画プロセスを同期させることができ、多くのメリットを享受することが可能となります。S&OPアプリケーションを導入した企業は、以下のアプリケーションと連携させることで(以下に限定されるものではない)、より広範な価値を生みだし、競争優位性を獲得することができます:

キナクシスが、ガートナー社の「Sales and Operations Planning System of Differentiation(S&OP SOD)」部門のマジッククアドラントで昨年に続いてリーダのポジションを獲得

T.Payne:2017年5月1日

ガートナー社では、セールス&オペレーションプランニング(S&OP)システムオブデファレンシエーション(SOD)を、Stage 4以上の成熟したS&OPプロセスをサポートするテクノロジを提供するソフトウェアソリューションとして定義しています。

ガートナー社のレポートでは次のように報告しています。「リーダのポジションにある企業は、S&OP SODの能力に対して強力なビジョンを持っています。戦略をオペレーションおよび実行段階にまで落とし込める、垂直統合に沿った複数の企業を横断したプランニングに対応するために必要な役割を認識しています。また、確率にフォーカスしたエンドツーエンドの予測的、および処方的なアナリティクスをサポートするためのアナリティクスを開発しており、収益が見込めるトレードオフや、サプライチェーンの設計および構成の実現に寄与しています。」 1

1 Payne, T.箸「Magic Quadrant for Sales and Operations Planning Systems of Differentiation」Gartner Inc. 2017年5月1日 刊

免責条項:
ガートナー社は、調査出版物内に掲載された特定のベンダ、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、技術を利用する立場にあるユーザに対して最高評価を与えたベンダのみを選択するよう助言するものではありません。ガートナー社の調査出版物は、ガートナー社の調査組織の意見で構成されており、特定の行為に導く意図を有していません。ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Gartner Magic Quadrant for Sales and Operations Planning System of Differentiation

本図は、調査文書の一部を構成するものとして、ガートナー社により作成されたものであり、文書全体のコンテキストの中で評価されるべきものです。ガートナー社が作成した文書は、こちらからリクエストすることができます。

S&OP Icon

メリット

RapidResponseアプリケーションは、キナクシスの長年にわたる世界を代表する数多の製造業者への導入実績により確立された、ベストプラクティスおよび標準的なプロセスフローに基づいています。革新的なS&OPアプリケーションは以下の方法により、迅速なインプリメンテーションを可能にし、企業独自のニーズに合致した専用ソリューションの構築に向けて運用を開始することができます:

  • より迅速かつ信頼性の高い計画の作成が可能になり、セールス&オペレーションプランニングのサイクルを劇的に短縮し、正確な結果が得られるようになります。
  • コンセンサスの向上と想定外の事項を削減することができ、関係者が参加し、精査した実行可能な計画の作成が可能になります。
  • オペレーションの変更がS&OP計画に及ぼす影響、あるいは反対にS&OP計画における各部門・業務内における変動の影響に関して、明確かつ迅速に知見を得ることが可能になります。
  • S&OPプロセスの拡張と成熟を可能にし、ビジネス機会の最大化とリスクの最少化を実現することができます。

諸機能

S&OPアプリでは次のように多彩な機能を提供しています:

  • 財務目標および変動範囲の許容レベルを設定します。
  • 目標に対する進展度合いを測定します。
  • コンセンサス需要計画と総合供給計画との間のギャップを特定し、予測需要を許容できる範囲に変更または「形成」することにより再度バランスを図ります。
  • 企業の多様な指標に対する複数の需給バランスシナリオを評価し、最適なトレードオフを実現します。
  • S&OPの前提内容を入力し、維持します。

S&OP Process Calendar

S&OP Process Owner Gantt

パフォーマンス管理

S&OPアプリケーションの革新的なダッシュボードには、以下の標準指標が含まれており、それぞれ理想的なパフォーマンス測定の管理を行うことができます:

  • 期末の在庫数 – 各期末の予測在庫数のサマリ
  • 利益のパーセンテージ - 期間ごとの販売製品における売上とコストのサマリ
  • 売上数値 - 期間ごとの実注文数の売上と予測のサマリ
  • 注文に対する期日内納品 – 注文日または注文日前の有効注文明細に関する期間ごとの履歴および予測パーセンテージ
  • 主要な制約活用パーセンテージ - 期間ごとの実負荷のサマリを、主要制約における有効負荷のパーセンテージで表示

S&OP Icon

セールス&オペ―レーションプランニングプロセスのコンポーネント

以下の図は、革新的なS&OPアプリケーションのプロセスを表現したものです。このプロセスは企業独自のビジネスニーズに合わせて調整することができます。

PC - SnOP

|

Supply Chain Insights 5 Key S&OP Technology Capabilities

Supply Chain Insights - 5 Key S&OP Technology Capabilities

Ventana Research Integrates Demand, Supply and Financial Information

Ventana Research - Integrates Demand, Supply and Financial Information

Kerry Zuber Supply Chain Plan Variance Risk

Kerry Zuber - Supply Chain Plan Variance Risk

Kerry Zuber S&OP and What-if Simulations

Kerry Zuber - S&OP and What-if Simulations