capacity requirements planning icon

変動性の激しい環境の中、複雑なオペレーションを管理する場合、生産計画を達成するために必要となる労働力や機械のリソースを詳細に算出するのは決して易しいことではありません。工程、物流センタ、ロード情報を含む能力所要量計画(CRP)に必要なデータと、需要、供給、および在庫計画などのサプライチェーンプロセスとの整合性をとることは困難です。

capacity requirements planning icon

サプライチェーンプロセスと物流センタを連携させることは、監視や変動対応の効果的な計画に必須となります。そのためには、オペレーションレベルできめ細かく、容量とリソースのロードを包括的に可視化し、ダイナミックに管理する必要があります。

診断

能力所要量計画(CRP)をサポートする要素を含むサプライチェーンデータを集約します。過剰あるいは遊休状態の物流センタを特定します。リソースの変動に対するインパクトをリアルタイムで可視化します。顧客の要望に影響を及ぼしている可能性のある物流センタに関する問題を、他部門と協業して取り組みます。

シミュレーション

機械の追加などの長期計画戦略や、超過時間などの短期容量戦略をシミュレーションします。リソースやスケジュールに影響を与える変動をシミュレーションします(例:顧客の要望の増加や機械の故障)。

比較

主要指標に対して異なる容量シナリオを比較し、最善の結果をもたらすシナリオを選択します。

capacity requirements planning icon

RapidResponse® の容量計画(CRP)アプリケーションでは以下のことを可能にします:

CRP基本データの可視化
工程、物流センタ、オペレーションに関連するすべての情報を詳細に再検討します。

広範な負荷容量モデル
作業拠点の負荷を常時監視し、過負荷状況を迅速に判断します。

シミュレーションと影響評価
基本データや計画データの各種の要素に変更を加え、スコアカードやダッシュボードを活用してそれぞれ異なる容量シナリオを作成し、結果を比較することで最善策を選択することができます。

capacity requirements planning icon

RapidResponseにより、容量と既存ビジネスの現状のバランスをうまくとるための知見を得ることができます。

結果は?

  • 最も効率的なリソース活用で需要に応えることができます。
  • より迅速な対応と収益性を確保した生産オペレーションを実現します。
  • 高資本のリソースを最大限に効果的に活用できるようになります。
  • 容量変更や、需要、供給、在庫に関するクロスファンクショナルなインパクトに対応する際に、関連部門とコラボレーションすることができます。
  • 能力所要量計画(CRP)プロセスの管理によく使用される、一時的なスプレッドシートを排除することができます。
  • 能力所要量計画(CRP)プロセスにおける、データの整合性の一貫した管理/監視が可能になります。gj
|

Jabil The Value of RapidResponse

Jabil - The Value of RapidResponse