Engineering Change Management icon

あまり重視されていない、または安全在庫に関わるエンジニアリング変更は、組織の在庫レベルへのインパクト、特に超過と廃棄(E&O)のに対する懸念や評価が軽視されがちです。この結果、予期せぬ膨大なコストの発生やサプライチェーンへの多大な影響を引き起こしてしまう可能性があります。

エンジニアリング変更を早期に実施してしまうと、倉庫やバランスシート上廃棄在庫を抱えてしまうかもしれません。反対に遅いと在庫が不足してしまう可能性があります。適正な時期にエンジニアリング変更を行うことにより、旧在庫から新在庫へのコスト効率の良い移行を実現することができます。

時間に追われ、適切なツールもなく、効果的なエンジニアリング変更の管理に必要な細かな分析なしでは、リスクが発生してしまいます。

Engineering Change Management icon

エンジニアリング変更の実施計画を立てる場合、グローバル製造業者は「いつ」、「どのように」行うのかを明確に知る必要があります。

クロスシステムとクロスステージの分析

製品ライフサイクル管理システムにおける変更の必要性をプロアクティブに分析し、エンジニアリング変更の理想的なタイミングを提案して、目標に対するインパクトを理解、監視するために必要に応じてンジニアリング変更を再評価する必要があります。

コラボレーティブな判断

エンジニアリング変更により、インパクトを受ける、または受ける可能性のある組織にわたる多様なグループと協業し、決定のタイミングにより業務間にまたがる影響を把握し、管理する必要があります。

Engineering Change Management icon

RapidResponse® のエンジニアリング変更管理アプリケーションでは以下のことを可能にします:

エンジニアリング変更に伴うインパクトの評価
エンジニアリング変更に対する影響を、超過および廃棄(E&O)在庫や顧客への期日内納品など、キーパフォーマンス指標に照らし合わせて評価することができます。

最適なカットオーバー日の分析
複数のカットオーバー日をシミュレーションし、最も効果的な変更時期を判断することができます。

Engineering Change Management icon


RapidResponseにより、エンジニアリング変更をよりスムーズに計画し、実施することができます。

結果は?

checkmark

実施オプションと予測インパクトを包括的に可視化することができます。

checkmark

適切なタイミングでエンジニアリング変更を実施することにより、ビジネス機会の最大化、およびサプライチェーンへの影響を最小化することができます。

checkmark

超過および廃棄(E&O)在庫、および部材不足のリスクを削減することが可能となります。