サプライチェーンを管理する同一のシステムでプロジェクトを管理

サプライチェーンとプロジェクトの連携

Project Management Icon

多くの企業、特に受注開発企業では、サプライチェーンのプロジェクト管理の良し悪しはサプライチェーンの維持に大きく依存します。優れたプロジェクトの必須要素として、資材、供給品、機器、そして人材のタイムリーかつ正確で効率的なデリバリが挙げられます。

しかしながら、資材の供給、製品注文、あるいは顧客の予測の変動は、プロジェクトのデリバリの前倒しや延期の必要性が出てくるなど、プロジェクト計画に多大な影響を及ぼします。また、需給変動はプロジェクト管理計画への反映が遅れがちな場合が多く、結果として工程の不備、「投げやり」な作業、ペナルティ、あるいは費用超過を招いてしまいます。

Project Management Icon

企業は、複雑なサプライチェーンや複雑なプロジェクトの管理に対する課題に直面していますが、それぞれ個々に稼働しているシステムで対応する傾向にあり、結果として意図する内容とはかけ離れた意思決定が成されることになってしまいます。

こうした状況に基づく判断は、組織全体にわたり以下のようなネガティブなインパクトに繋がる可能性があります:

  • 請求/売上工程の不備
  • ペナルティ
  • 費用超過
  • 過剰在庫
  • 無駄または過剰負担のリソースなど

資材およびリソースの不安定要素が多い中で、サプライチェーンのオペレーションにとって統合型プロジェクト管理システムの確立が必須になってきています。

Supply Chain Impact Alert Icon

サプライチェーンの途絶がプロジェクトに与えるインパクト

Supply Chain Alerting Icon

プロジェクト変更(例:対象範囲の変更)によるサプライチェーン要件の変動

Project Management Icon

RapidResponse® の統合型プロジェクト管理アプリケーションでは以下のことを可能にします:

プロジェクトのタスクとサプライチェーンの可用性をダイレクトに連携
以下の特長を元にプロジェクトスケジュールを計算(および再計算)し、変動の影響に迅速に対応します。

  • マルチシナリオのガントチャートにより、サマリーレベルの期間、スラックタイム、および計画との比較表示や、売上とコストへの影響に直結したマイルストーンを作成することができます。
  • 部材と非部材関連タスクがCTP(生産可能在庫量)のプロセスと分析に直結しているいため、リソース制約を自動的に特定し、対応することができます。
  • タスクと組織的な作業分解図が連携しているため、サプライチェーンの推進力とプロジェクトへの影響を把握することが可能になります。
  • 部材または非部材関連活動のコスト詳細を可視化することで、プロジェクトの総コスト概要を把握し、プロジェクトの採算性のモデリングをサポートします。
  • サプライチェーンアナリティクスをプロジェクトスケジュール予測と連携させるプロジェクト管理の「What-if」分析機能により、部材または非部材関連タスクの遅延や前倒しへの潜在的影響を迅速に把握することができます。
  • 注文変更を予測し、バックエンドシステムと同期させることができます。

Project Management Icon

サプライチェーンを管理している同一のシステムに重要な統合型プロジェクト管理リソースを組込むことにより、整合性のとれた意思決定とアクションの同期を図ることが可能になります。

結果は?

checkmark

適切なプロジェクトマイルストーンを保つことにより、金銭的ペナルティの削減に繋がります。

checkmark

収益認識の時間を短縮します。

  • checkmark
  • 現金運用の改善が見込めます。

checkmark

すべての関係者、プロジェクトオフィス、サプライチェーンオペレーション、財務、そして顧客のアライメントが可能になります。

|