MPS Icon

MPSの作成者は予測される需要に合致した供給を管理しつつ、部材および容量制約に配慮し、求められる完成品の在庫管理を行う必要がありますが、あらゆることが常時変動する環境においては、すべてのバランスを保つことは至難の業だと言えます。

MPS Icon

生産計画の作成者は、求められる需要に対して、週単位、日単位、あるいはリアルタイムに近い間隔で巧みに供給を調整するためのツールが必要になります。

実行可能な生産計画

適正配合や生産率のMPSを作成し、オペレーションの目標(リソース/機械利用、在庫目標および予測、サプライヤとの契約交渉など)を達成しつつ需要計画をサポートする必要があります。

一貫した整合性と調整

変更の影響分析、解決シナリオの評価、そして必要に応じたダイナミックな基準計画の調整が求められますが、各アクションは企業におけるビジネス目標や、財務およびパフォーマンス目標全般に対して評価されるべきです。

MPS Icon

RapidResponse® の基準生産計画(MPS)アプリケーションでは以下のことを可能にします:

例外を考慮したMPSアクション
以下の主要な例外指標にフォーカスしたダッシュボードを提供します。

  • 遅延MPS注文と売上に対するインパクト
  • 機会またはリスクをもたらす例外在庫
  • 遅延解決に関係するMPSアクションと予測遅延売上
  • 過負荷が予測される容量制約

部材および容量制約の基準計画
RapidResponseの容量計画(制約)アプリケーションと併用した場合の、サプライチェーンにおける部材調達の可能性や容量に直結した、正確な計画をより迅速に作成することができます。消費予測パラメータ(例:スプレッド予測、BOM計画、消費予測、需要タイムフェンス予測)の変動シミュレーションを行い、主要な例外指標に基づく基準計画の変更を実施することで、最初に最もインパクトの強い変更を加えることが可能になります。

ゲーティング材料および容量制約を調整
現在の需要要件と過去のMPSを比較することで差異を把握することができます。複数の解決策が提示され、テストし、比較することで最善の軌道修正を図ることが可能になります。

マルチシナリオシミュレーション/コラボレーションと影響評価
複数のコラボレーティブなシナリオシミュレーションにより、例えば、在庫転送、供給の代替調達、アイテムの代用品、あるいは前倒しなど、基準計画と現在の需要要件との間の不均衡を解決することができます。

基準計画の変更をERPと同期
MPSを一元ソリューションで定義し、自動的にトランザクション処理システム(ERP)をアップデートすることが可能になります。

MPS Icon

RapidResponse MPSアプリケーションにより、生産計画の一貫した実行可能性を維持し、顧客のリアルタイムでの需要に応えることが可能になります。

結果は?

checkmark

サプライチェーンにおける部材調達の可能性や容量に直結した、正確な計画をより迅速に作成することができます。

checkmark

需給の不均衡による、オペレーションおよび財務に対するインパクトを早期に発見することができます。

checkmark

需要、供給、そして在庫リスクの間で、バランスのとれたトレードオフが可能になります。

checkmark

業務間のコラボレーションを通じて、迅速かつコスト効果の高い判断が下せるようになります。

|

MTD Understanding Supply Positions

MTD - Understanding Supply Positions

Lockheed Martin Why Kinaxis?

Lockheed Martin - Why Kinaxis?

Jabil Understanding Risks around Demand Signals

Jabil - Understanding Risks around Demand Signals

Jabil The Value of RapidResponse

Jabil - The Value of RapidResponse