受注処理は推測ゲームなのでしょうか?

受注契約に伴うコスト、さらには納品方法を把握していますか?

Order Fulfillment Icon

受注処理の迅速な回答が求められることがよくありますが、納品日が確定する前に、あるいは他の注文や収益全般に対するインパクトを把握できていないまま、注文を確約することになり、これはリスクのある状況だと言えます。

Order Fulfillment Icon

顧客からの新規注文が入り、既存の注文ステータスが変更になる場合、迅速かつ確実に確約し、調整が必要になります。

リスクと機会のアラート

遅延が予想される需要に対して迅速にアラートを受信し、新規あるいは変更された顧客注文を容易にモデリングする必要があります。

受注処理のシミュレーション

注文の再優先順位付け、代替委託、注文の前倒し、供給の再割当、アイテムの代用品、または注文/在庫転送などを含む、受注処理における選択肢を分析する必要があります。

利益優先の判断

代替案による財務およびオペレーションへのインパクトをモデリングし、利幅、製品販売コスト、在庫、および他の指標に対する影響をそれぞれ客観的に比較することが大切です。

Order Fulfillment Icon

RapidResponse® の受注処理アプリケーションでは以下のことを可能にします:

顧客サービスのパフォーマンス監視
依頼日/契約日に対する達成度、期日経過売上、予測遅延売上などのKPIを監視し、ヒエラルキー(例:地域、顧客、製品)ごとの指標を把握して複数の視点からパフォーマンスを理解することができます。

大規模取引/注文数分析
注文設定を選択して依頼日の実現可能性(増分の実現可能性を含む)を評価することにより、新規の注文数をシミュレーションすることができます。ゲーティング材料や容量制約を把握し、他の部門と協業してトレードオフや新規注文の受け入れによる他の注文へのインパクトを調べることが可能となり、最善策が決定されると、内容がERPなどのトランザクショナルシステムに反映されます。

売上リスク分析
遅延が予測されている出荷分の売上を事前に把握し、原因を追究することができます。また、ダッシュボードの指標を活用して前回の注文確認内容と比較した場合の変更点をハイライトし、重要な業務指標の改善に役立つ最善策をとるための知見を得ることができます。さらに、リスクを解決/軽減するために他の部門と容易にコラボレーションすることも可能になります。

注文設定または日付変更管理(再付託プロセス)
注文のプルインリクエストや設定変更など、変更のインパクトを評価することができます。コラボレーション、トレードオフ分析、コスト評価を通じて最善の選択をし、変更内容をトランザクションシステムに反映させることが可能になります。

配送要件計画(DRP)
注文の優先順位、配送ネットワーク内の供給割当、在庫転送、または業務委託など、多様な代替案を検討することにより適正な供給割当を判断することができます。

Order Fulfillment Icon

RapidResponseにより、達成可能な納品日を判断し、一貫して納期を守ることで顧客の満足を高めつつ、企業のビジネス目標や収益目標に貢献することができます。

結果は?

checkmark

信頼の置ける受注処理により、顧客への優れた対応が実現します。

checkmark

部門間のコラボレーションを通じて、迅速かつ費用対効果のある判断が下せるようになります。

checkmark

注文変更が及ぼす財務およびオペレーションへのインパクトに対する明確かつ迅速な知見を得ることができます。

checkmark

成長を促す売上機会の最大化を図ることができます。

Customer Quote on Serving Unique Needs

RapidResponse ROI Customer QUote

Demand Forecast Response Rate Customer Quote

Order Fulfillment Customer Quote

Order Commitment Customer Quote

Operations Performance Benefits Customer Quote

On Time Delivery Customer Quote

Supply Chain Response Customer Quote

|

Hubbell Managing Demand Variability

Hubbell - Managing Demand Variability

Jabil Understanding Risks around Demand Signals

Jabil - Understanding Risks around Demand Signals