Supplier Collaboration Icon

バリューチェーンネットワークに介在する多くのティアの存在により、ブランドオーナーにとってサプライチェーンの可視性とサプライチェーンの調整能力が著しく低下しており、ビジネスおよびオペレーションパフォーマンスの成果をサプライヤに依存するようになっています。

成熟したサプライチェーンを持つ組織においても、サプライヤとの関係はアームスレングスであり、情報交換はむしろ初歩的であると言えます。従来ではこのような状態で十分だったかもしれませんが、競争が激化している昨今では、サプライヤコラボレーションにおいて、よりダイレクトでインタラクティブなアプローチが求められています。

Supplier Collaboration Icon

サプライヤコラボレーションにおいて本当の意味で効果を上げるには、戦術的なデータのやり取りでは不十分だと言えます。主要なサプライヤは、情報をアクティブにレビューし、意思決定プロセスにダイレクトに寄与し、企業間で初期のリスク情報を交換し、サプライチェーンリスクの課題を協力して解決する必要があります。

エンゲージメント

コラボレーティブなサプライヤとのエンゲージメント(緊密な関係性の構築)と購買者の効率性を高めることにより、課題に対するプロアクティブな管理体制を確立する必要があります。

調整

あらゆるサプライヤコラボレーションを調整し、独特な業務プロセスまたは特別な取引条件にも柔軟に対応できる、一元的なテクノロジソリューションを採用する必要があります。

Supplier Collaboration Icon

RapidResponse® のサプライヤコラボレーションアプリケーションでは以下のことを可能にします:

サプライヤとのインタラクティブなエンゲージメント
企業は、RapidResponseにより、自動化されたB2Bのデータ交換、充実したEDIコラボレーション、そしてサプライヤとのダイレクトなインタラクションを通じて、エンゲージメント(緊密な関係性の構築)と調整能力を高めるためのコントロールとオーナーシップのバランスをとることができます。

  • 購入注文や予測要求を共有し、コラボレーティブなレビューと調整を行うことができます。
  • サプライヤのコミットメントを追跡し、リクエストとコミット間のギャップを通知します。
  • 購買者のレビューとコミットメントの承認を効率化します。
  • ダッシュボードやスコアカードによりサプライヤのパフォーマンスを監視します。
  • 購入注文と予測変更をERPと同期させます。

Supplier Collaboration Icon

サプライヤコラボレーションの向上により、サプライチェーンの柔軟性および企業の収益性を高めることが可能になります。

結果は?

checkmark

主要なサプライヤと効果的に協業し、より迅速かつ費用対効果の高い判断を下すことができます。

checkmark

サプライチェーンリスクの課題解決のための「格闘」をタイムリーに軽減し、顧客や業績に対するインパクトを最小限に抑えることができます。

checkmark

サプライヤとのより生産的な関係を構築することにより、長期的成果を収めることが可能となります。

|

March Networks Using RapidResponse to Solve the Gap Between the OEM and CM

March Networks - Using RapidResponse to Solve the Gap Between the OEM and CM

Agilent Creating Fully Integrated Suppy Chain Plans

Agilent - Creating Fully Integrated Suppy Chain Plans