Supply Planning Icon

供給を総合レベルで、コンセンサス需要計画プロセスにより作成された需要計画に合わせます。

制約のあるグローバル供給と激しい需要の変動のため、需要に沿った供給の実現はここ数年でさらに困難を極めるようになりました。対応策として、計画プロセス全体にわたる一貫したアライメント、需要計画と供給計画間のギャップの特定、そしてゲーティング材料や容量の超過の回避が大切になります。異なる業務領域におけるユーザ同士がコラボレーションにより問題を解決し、生産基準計画(MPS)プロセスの基準点として供給計画をまとめる必要があります。

各ビジネス向けに独自に調整

RapidResponseアプリケーションは、キナクシスの長年にわたる世界を代表する数多の製造業者への導入実績により確率された、ベストプラクティスおよび標準的なプロセスフローに基づいています。革新的な総合供給計画アプリケーションは、迅速なインプリメンテーションを可能にし、企業独自のニーズに合致した専用ソリューションの構築に向けて運用を開始することができます。

統合型アプリケーションによる付加価値の創造

RapidResponseのアプリケーション群に共通する最大のメリットは、広範な統合型ソリューションの一部として他のアプリケーションと平行して実装できる点にあります。組織のニーズに応じて、総合供給計画アプリケーションを1つまたは複数の関連するアプリケーションと併用することにより相互関連のある計画プロセスを同期させることができ、多くのメリットを享受することが可能となります。総合供給計画アプリケーションを導入した企業は、以下のアプリケーションと連携させることで(以下に限定されるものではない)、より広範な価値を生みだし、競争優位性を獲得することができます:

Supply Planning Icon

メリット

  • コンセンサス需要計画と総合供給計画との間の相違を早期に特定し、プロアクティブに管理することができます。
  • 部材や容量制約に関する総合供給計画の実行可能性の迅速かつ包括的な評価を可能にします。*
  • 製品、地域、チャネルレベルで、供給、需要、在庫リスク間の情報に基づくトレードオフを実現します。
  • 総合供給計画をダイレクトにS&OP、容量計画(制約)、基準生産計画(MPS)プロセスに統合し、需給の効果的な再バランスを可能にします。

諸機能

  • 最新のコンセンサス需要計画と総合供給計画との間のギャップを特定、評価します。
  • 最新の供給に対するインパクトを特定します(例:サポートされない需要計画や在庫侵害)。
  • 総合供給計画に影響を与えているゲーティング部材や容量制約を特定します。*
  • 総合供給計画を通じて超過部材や容量を特定します。*
  • 前提管理を行います。

ASP Supply Planner Dashboard

ASP Workbook

パフォーマンス管理

アプリケーションの革新的なダッシュボードには、売上利益在庫数期日内納品、そして制約活用に関する企業の標準的な指標に加えて、総合供給計画に明確に関わる指標も含まれています。これにより、それぞれ理想的なパフォーマンス測定の管理を行うことができます。

総合供給計画のダッシュボードには以下の指標が含まれています:

  • 売上喪失期間 – 期間ごとに遅延が予測される売上の数字のサマリを表示します。
  • リスクを伴う供給計画 - 部材または容量制約により、供給計画が困難な状況に関して、期間ごとに部品数のサマリを表示します。*
  • 過負荷 - 期間ごとに過負荷の制約を、主要な制約と他の制約に分割してカウントします。*
  • 無負荷 - 期間ごとに無負荷の制約を、主要な制約と他の制約に分割してカウントします。*
  • 在庫の高侵害 - 年間計画で設定された目標レベルを超過した在庫に関して、期間ごとに数値のサマリを表示します。
  • 在庫の低侵害 - 年間計画で設定された目標レベル以下の在庫に関して、期間ごとに数値のサマリを表示します。
  • 超過値 – 予測される超過値を時間単位で測定します。
  • 廃棄値 -予測される廃棄値を時間単位で測定します。

* 容量計画(制約)アプリケーションを利用した場合に有効となります。

Supply Planning Icon

総合供給計画プロセスのコンポーネント

総合供給計画プロセスのコンポーネント以下の図は、革新的な総合供給計画アプリケーションのプロセスを表現したものです。このプロセスは企業独自のビジネスニーズに合わせて調整することができます。

PC - ASP

|

MTD Understanding Supply Positions

MTD - Understanding Supply Positions

Lockheed Martin Why Kinaxis?

Lockheed Martin - Why Kinaxis?

Jabil Understanding Risks around Demand Signals

Jabil - Understanding Risks around Demand Signals

Jabil The Value of RapidResponse

Jabil - The Value of RapidResponse