Supply Chain Visibility

グローバルサプライチェーンの可視化は、特に複数階層にわたるオペレーションを行っている企業にとっては難題だと言えます。可視性の欠如は、需給の変動や変動に対する意思決定が与える影響の把握を困難にし、発生する問題への対処を遅らせてしまいます。キナクシスのRapidResponse® では以下の問題解決を支援します。

サプライチェーン可視化において直面する課題

データの可視性に問題があり、情報の流れが遅い場合、グローバルサプライチェーンネットワーク全体を包括的かつ迅速に把握することは困難です。結果として、アジリティ(敏捷性)とアライメント(整合性)を達成することは、ほぼ不可能だと言えます。

サプライネットワークの拡大は、サプライチェーンの可視化や調整において大きな障害を招いてしまいます。広範な地域に拠点やパートナーが分散し、各々の拠点において業務毎にそれぞれ異なるシステムやプロセスで情報を取得、処理する場合、全体を可視化し、把握することは容易ではありません。

ERPシステム(および関連モジュール)は、現状にそぐわない非常に「不合理」な面も持っており、システムや企業をまたがって外部からデータを取り込むことは困難です。あらゆる業務のトランザクションを実行し、記録することは、企業オペレーションにとって重要であるべき点に疑いの余地はありませんが、効率的かつコストに見合った方法で将来需要の予測を行う手段としては、この「不合理」な仕組みとスピードは不十分であり、かつ厄介なものとなっています。ERPシステムは逐次処理をベースとしており、サプライチェーンにおける各システムや取引パートナーはそれぞれ個別に、断片的な情報で計画を行う事を、余儀なくされています。このような仕組みは、情報の流れの遅延、すなわち判断の遅れにつながり、結果として重大な影響を及ぼしています。

サプライチェーン可視化ソリューション

RapidResponseでは、エンドツーエンドの可視化を実現し、サプライチェーンにおける各業務/機能間の連携およびコラボレーションを支援します。

RAPIDRESPONSE:

  • サプライチェーンのノード数や場所、あるいはサポートされているデータシステムを問わず、企業全体にわたる包括的なビューを提供します。
  • サプライチェーンの可視化と強力な分析ツールにより、異なるシナリオのインパクトを把握するための情報を迅速に取得することができます。

  • サプライチェーンの可視化と強力な分析ツールにより、異なるシナリオのインパクトを把握するための情報を迅速に取得することができます。

このようにRapidResponse® を活用することで、社内のオペレーションのみならず、拡散するグローバルのサプライチェーンにおけるリアルタイムの包括的なビューを得ることが可能になります。

Supply Chain Insights Reducing Cycle Times - From Data Gathering through Decision Making

Supply Chain Insights - Reducing Cycle Times - From Data Gathering through Decision Making

Varian (now Applied Materials) Having Supply Chain Data in One Place is a Game Changer

Varian (now Applied Materials) - Having Supply Chain Data in One Place is a Game Changer

March Networks Using RapidResponse to Solve the Gap Between the OEM and CM

March Networks - Using RapidResponse to Solve the Gap Between the OEM and CM

Hubbell Unparalleled Access to Supply Chain Data

Hubbell - Unparalleled Access to Supply Chain Data