総合供給計画

供給と需要を同調

一貫した需給調整を実現

今日、供給を需要に合わせることは、言うは易し、行うは難しです。供給の制約と需要の変動は、ギャップの把握、余剰や需要に影響を及ぼす制約の回避、そして最終的に基準生産計画(MPS)にとって参考となる正確で信頼性のあるプランニングは困難を極めます。

供給と需要のアンバランスに対して早期に知り、迅速に対応

RapidResponseの総合供給計画機能は、需要計画が、長期のリードタイムまたはシングルソースのコンポーネントなど、供給サイドの主要な資材や生産能力の制約をサポートできるかどうか供給計画部門が容易に把握することができます。利害の衝突や需要に影響を及ぼす制約の問題は、各部門/業務にわたるコンカレントプラニングを可能にするビルトインの適応型コラボレーションで容易に解決することができます。

ビジネスの業績を改善

  • 総合供給計画と需要計画間の相違を早期に発見し、プロアクティブに管理
  • 資材および生産能力の制約に紐付けた総合供給計画を迅速かつ包括的に実行可能性を評価
  • 製品、地域、チャネルにわたる供給、需要、および在庫リスク間の情報に基づいたトレードオフ
  • 総合供給計画を、S&OP、生産能力計画(制約)、基準生産計画(MPS)とダイレクトに連携させることで効果的な供給と需要のリバランスを実現

アプリケーションプロセスのコンポーネント

サプライチェーンは各社各様ですが、適用できるベストプラクティスも存在します。キナクシスのワークフロープロセステンプレートを活用することで、プロセスを早期に開始し、目標に合わせて柔軟に変更するとともにパーソナライズ化することができます。

Aggregate Supply Process
サイクルタイムを50%短縮

RapidResponseにより、オペレーションに必要な供給計画の作成時間が半分に短縮され、供給/オペレーション計画の精度も向上しました。

ITシステムアナリスト, 大規模エンタープライズ通信機器会社
効率性が40%向上

RapidResponseにより、計画作成者の効率性が40%以上向上しました。

エグゼクティブ, 大規模エレクトロニクス企業

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

統合供給計画と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

統合供給計画アプリケーションを利用している組織では、 S&OP需要計画生産能力計画(制約)基準生産計画または統合型プロジェクト管理 アプリケーションと併用することでさらなる付加価値を得ています。

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。