生産能力計画(制約)

サプライチェーンの制約に対応したプランニング

グローバル/地域レベルで制約条件を管理

多くの組織は「顧客の期待以上の成果を挙げる」ことを目標としていますが、特に生産能力が需要と供給の計画に沿ったものでない場合、あるいは変動の発生時に対応できない場合、この目標を達成することは困難だと言えます。

適正なバランシング

RapidResponseの生産能力計画(制約)機能は、あらゆるタイプの生産能力の制約を考慮した現実的な供給計画を作成することができます。グローバルレベルで制約を管理することにより、迅速かつ容易に需要と供給のバランスをとることができます。また、発生し得る問題の特定・分析、リソースに影響を及ぼす可能性のある変動のシミュレーション、制約の課題に対するコラボレーション、そして他のビジネス目標に沿った制約管理が可能になります。

ビジネスの業績を改善

  • 資産の活用状況を早期に把握し、プロアクティブに管理
  • 迅速かつ総合的に制約の因果関係を評価し、オペレーションに対するインパクトを判断
  • 生産能力計画、制約の影響分析、総合供給計画および基準生産計画を連携させることで、実行可能な現実的な計画を作成

ワークフロープロセスコンポーネント

サプライチェーンは各社各様ですが、適用できるベストプラクティスも存在します。キナクシスのワークフロープロセステンプレートを活用することで、プロセスを早期に開始し、目標に合わせて柔軟に変更するとともにパーソナライズ化することができます。

Capacity Process
プランニングサイクルを94%短縮

調査対象の組織の94%が、関連するサプライチェーン部門/業務の計画サイクルの改善にRapidResponseを活用し、大幅に改善あるいは改善したと回答しています。

TechValidateが実施したRapidResponseの123ユーザに対する調査
縦割り組織を破壊し、エンドツーエンドで部門/業務を連携

計画部門と人が単一のプラットフォーム上で透明性を持ってリアルタイムに連携できることは非常に価値があります。縦割り組織の障壁をなくし、サプライチェーンと関連部門/業務をエンドツーエンドで結ぶ基盤となるプラットフォームだと言えます。

Zoltan Pekar氏, グローバルサプライチェーン部門担当バイスプレジデント, Roland DG Corporation

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

生産能力計画(制約)と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

生産能力計画(制約)アプリケーションを利用している組織では、統合供給計画、 生産基準計画、 供給アクション管理、 サプライヤコラボレーションまたは統合型プロジェクト管理アプリケーションと併用することでさらなる付加価値を得ています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。