能力所要量計画(CRP)

最適な情報を元に計画を作成

顧客の期待に応えつつリソースを最大限に活用

オペレーションが複雑で変動する環境下の中では、生産計画を達成するために必要となる人材や機械などのリソースを詳細に予測することは容易ではありません。ほとんどの組織では、現場とサプライチェーンの他の部門/業務との連携を欠き、適正なデータを収集し、オペレーションレベルでの生産能力やリソースを管理するための必要な情報に基づいたきめ細かい判断を下すことができていません。

生産能力に関する課題を解決する包括ソリューション

RapidResponseの能力所要量計画(CRP)機能は、すべてのサプライチェーンデータを一元的に集約するため、現場の効率性を容易に特定することができます。変動がリソースに及ぼす影響をリアルタイムに把握することができ、短期間から長期間までの生産能力が調整可能なため、顧客の要望に応えるためのリソースを的確に知ることができます。また、主要なパフォーマンス指標に基づき異なる生産能力のシナリオを比較し、最善の業績を生み出すシナリオを選択することができます。

ビジネスの業績を改善

  • 最も効率的なリソース活用により、需要に対応
  • 生産オペレーションの対応能力と収益性を改善
  • 高額の資本のリソースを最適化
  • コラボレーションにより、変動や需要、供給、在庫に対するクロスファンクショナルなインパクトに対応
  • スプレッドシートを利用した能力所要量計画の制約を排除
  • 能力所要量計画プロセスに関するデータの完全性を一貫して管理、監視
プランニングサイクルの短縮により大きな成果を獲得

調査対象の組織の94%が、関連するサプライチェーン部門/業務の計画サイクルの改善にRapidResponseを活用し、大幅に改善あるいは改善したと回答しています。

TechValidateが実施したRapidResponseの123ユーザに対する調査

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

能力所要量計画(CRP)と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

能力所要量計画(CRP)アプリケーションを利用している組織では、基準生産計画在庫管理供給アクション管理をサブスクライブしています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。