流通所要量計画

ダイナミックなビジネスに対応した流通所要量計画

強力な流通計画で欠品を削減

流通所要量計画は、欠品の最小化、輸送および在庫コストの削減、そして顧客サービスの向上にとって強力な手段になります。しかしこれを実現するには、計画作成者が複数の拠点から膨大なデータを収集、調整し、同期させる必要があります。

必要な詳細情報を取得

RapidResponseの流通所要量計画機能は、詳細な部品レベルまで在庫補充のプランニングに必要となるすべての情報を提供し、顧客満足とコストの適正なバランスを迅速に見極めることができます。また、通常2-6週間の短期の計画を日次または週次で作成することができ、需要あるいは流通ネットワークに必要な供給に対応することができます。RapidResponseの流通所要量計画は、基準生産計画(MPS)、受注処理、供給アクション管理の各機能と同時並列的に連携させることで、精度と効果を最大限に高めることが可能になります。

ビジネスの業績を改善

  • 顧客サービスと複雑なネットワークにおける流通コストをバランシング
  • 有効資材を考慮した流通計画を迅速かつ正確に作成
  • 需要と供給の不整合から生じるオペレーションおよび財務へのインパクトを早期に特定
  • クロスファンクショナルな適応型コラボレーションによる迅速かつコスト効果の高い意思決定
  • 供給、需要、在庫リスク間の有効なトレードオフ
  • ネットワーク制約を反映した需要シグナルに基づく供給流通の調整

アプリケーションプロセスのコンポーネント

サプライチェーンは各社各様ですが、適用できるベストプラクティスも存在します。キナクシスのワークフロープロセステンプレートを活用することで、プロセスを早期に開始し、目標に合わせて柔軟に変更するとともにパーソナライズ化することができます。

Distribution Requirement Process

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

流通所要量計画と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

流通所要量計画アプリケーションを利用している組織では、 基準生産計画需要計画受注処理または在庫管理アプリケーションと併用することでさらなる付加価値を得ています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。