エンジニアリング変更管理

タイミングがすべて

エンジニアリング変更による超過/陳腐化在庫のリスクを削減 

エンジニアリング変更管理はタイミングがすべてです。早すぎても陳腐化した在庫により徒労に終わり、遅すぎても準備不足で需要に応えることができません。それではエンジニアリングの変更の適切なタイミングはどのように判断したらよいのでしょうか?

変更の適用前にテストを実施

RapidResponseのエンジニアリング変更管理機能は、エンジニアリングの変更をスムーズに適用し、多くの陳腐化した在庫を抱える、あるいは新製品不足のリスクを最小限に止めることができます。複数のカットオーバー日をシミュレーションし、最も効果的な変更のタイミングを判断します。データと知見を活用することにより、確固たる変更の判断を下すことが可能になります。

ビジネスの業績を改善:

  • 適切な変更計画により、ビジネス機会を最大化し、サプライチェーンに対する障害を最小化
  • すべての適用オプションを考慮した変更によるインパクトを分析
  • 変更前に変更内容を迅速かつ協業によって評価し、主要なパフォーマンス指標に対するタイミングの影響を把握

アプリケーションプロセスのコンポーネント

サプライチェーンは各社各様ですが、適用できるベストプラクティスも存在します。キナクシスのワークフロープロセステンプレートを活用することで、プロセスを早期に開始し、目標に合わせて柔軟に変更するとともにパーソナライズ化することができます。

Engineering Process
複雑なレポーティングニーズに対応

RapidResponseにより、オペレーションチームが容易かつ正確に受注可能な注文を特定できるようになりました。私たちは通常、従来のERPシステムでは大変な労力を要する短期間での欠品の把握、E&Oの見積もり、複雑なレポーティング、および独自のプランニング要件に利用しています。

ITプロフェッショナル, 大規模エレクトロニクス企業
「What-if」分析の時間を半分に短縮

『What-if』分析に要する時間を50%削減すると同時に、データの精度も高めることができました。

ITプロジェクト担当マネージャ, 大規模航空宇宙/防衛企業

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

エンジニア変更管理と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

エンジニア変更管理アプリケーションを利用している組織では、在庫管理アプリケーションをサブスクライブしており、統合供給計画または供給アクション管理アプリケーションと併用することでさらなる付加価値を得ています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。