ロールベーストレーニング


ロールベーストレーニングは、個々のRapidResponseの活用方法に基づき設計されています。各パスでは、どのコースをどの順番で受講するべきかを定義しており、各人が必要なトレーニングを容易に把握することができます。また、トレーニングパスはキナクシスの認定試験に連動しており、業界でも評価が高い認定方法により、ナレッジの修得を支援しています。

RapidResponseにけるロールを選択

RapidResponseのトレーニングはロール別に編成されており、各ロールの推奨コースによりトレーニングパスが設定されています。

  • コンシューマ:RapidResponseのレポートやダッシュボードを閲覧し、共有シナリオでデータを編集します。
  • コントリビュータ: シミュレーションやコラボレーションにより、ビジネスの課題を解決します。
  • オーサー:ワークシート、ダッシュボード、アラートなど、RapidResponseのリソースを作成、修正します。
  • アドミニストレータ: RapidResponseのシステム、ユーザ、データに関するサポート、保守を行います。
  • RapidResponseエキスパート: 全領域の製品スキルを修得します。

 

コースカタログをダウンロード

ロールベールトレーニングパス

training paths legend

コンシューマ

コンシューマは、RapidResponseのレポートやダッシュボードを閲覧し、共有シナリオでデータを編集し、ビジネスの条件の変動のより、アラート受信により通知されます。RapidResponseを利用している場合、この入門コースから受講することをお薦めします。
 

Introduction to RapidResponse


コースリスト

登録会員は、キナクシスナレッジネットワークから以下のトレーニングビデオにアクセスすることもできます:

training paths legend

コントリビュータの基礎的内容

コントリビュータは「What-if」分析により、多様な業績をシミュレーションし、RapidResponseでビジネスの問題を解決するためのコラボレーションを開始します。コントリビュータ向けのコースのトピックにはRapidResponseのコア機能が含まれています。

必要条件

RapidResponse 入門
 

Contributors Foundational

 

コースリスト

登録会員は、キナクシスナレッジネットワークから以下のトレーニングビデオにアクセスすることもできます:


アプリケーション

コントリビュータは、RapidResponseアプリケーションに関して以下の追加コースを受講することができます。コントリビュータは利用されているRapidResponseアプリケーションのコースを選択することを推奨します。

S&OPアプリケーション

S&OP Applications

コースリスト

 

在庫管理アプリケーション

Inventory Management

コースリスト

 

その他のアプリケーション
 

Other applications

コースリスト

登録会員は、キナクシスナレッジネットワークから以下のトレーニングビデオにアクセスすることもできます:

training path legend

オーサー

オーサーは、ワークシート、ダッシュボード、アラートなど、RapidResponseのリソースを作成、修正します。

必要条件

RapidResponse 入門
RapidResponse – シナリオについて
 

レベル1

レベル1のオーサーは、RapidResponseのデータモデルの基本知識を活用し、エンドユーザ向けに基本的なワークブック、ワークショート、フィルタの作成と修正を行います。RapidResponseのコントリビュータで、自身の利用目的で基本的なワークシートの作成方法を学ぶ場合、レベル1のオーサートレーニングを受講することをお薦めします。

Contributor Level 1


コースリスト

レベル2

レベル2のオーサーは、エンドユーザ向けに、コンポジットワークシート、ワークブック、ワークシート変数、データインポートのためのワークシート、グループ化されたデータ編集のためのワークシート、ワークシートのツリーマップ、そしてテーブルインサートの定義など、中級レベルのRapidResponseのリソースを作成、修正します。

RR Author Level 2

コースリスト

レベル3

レベル3のオーサーは、エンドユーザ向けに、複雑なコンポジットワークシート、データインポートのためのワークシート、データを自動修正するためのワークブックなど、上級のRapidResponseのリソースの作成、修正を行い、パフォーマンスを最適化します。

Level 3


コースリスト

登録会員は、キナクシスナレッジネットワークから以下のトレーニングビデオにアクセスすることもできます:

Role based training legend

 

ユーザアドミニストレータ

ユーザアドミニストレータは、RapidResponseでユーザアカウントやユーザアクセスの作成、管理を行います。

必要条件

RR User Admin

コースリスト

データアドミニストレータ

データアドミニストレータは、RapidResponseとソースシステム間のデータ連携を設定し、RapidResponseでデータおよびデータ完全性を監視、維持します。

必要条件

レベル1

レベル1のアドミニストレータは、基礎分析を用いてRapidResponseへのデータ連携を行い、基本入力データを検証し、基本データモデルをカスタマイズします。

Admin Level 1

コースリスト

TalendのRapidResponse向け連携プラットフォーム

TalendのRapidResponse向け統合プラットフォームを活用してデータ連携を行うデータアドミニストレータは、データアドミニストレータレベル1のコースの受講後に、以下のコースを受講して下さい。

Integration Platform for RapidResponse powered by Talend


コースリスト


レベル2

レベル2のアドミニストレータは、RapidResponseへのデータ連携のすべてのオプションを理解し、基礎的なプランニングデータを検証し、高度なデータモデルのカスタマイズ、並びにデータ検証を行います。

Admin Level 2

コースリスト

Training path legend

 

RapidResponseエキスパート

RapidResponseエキスパートは、すべてのユーザロールにおける製品のスキルをマスターします。参加者はコンシューマ、コントリビュータ、オーサー、アドミニストレータに関わるすべてのスキルやタスク、並びにRapidResponseアプリケーションにおける業務プロセスでビジネスユーザとしての関わり方を学習します。

エキスパートトレーニングパス
 

Experts