Live Lens

素早い可視化により迅速かつ確実な意思決定を支援

全く新しい視点でサプライチェーン全体を把握

コストと品質、収益と顧客満足など、サプライチェーンでは考慮すべきトレードオフ(二律背反)が至るところに存在します。しかしながら果たしてサプライチェーンの全体像が見えているでしょうか?Live Lensによりバックミラーからではなく、フロントガラスから先のビジネスを見据えることが可能になります。

成功に向けて先を見据えたサプライチェーンを推進

サプライチェーンで最も重要となる領域を素早く可視化することにより、最適な意思決定に必要となる確実な情報を得ることができます。売上リスク、予測在庫、粗利益などの重要指標の達成度を迅速に把握することが可能になります。

ビジネスの成果を改善

  • 速やかにトレンドを特定し、過去のデータと比較しつつ現在の目標達成度を把握することができます
  • 最新の集約データを元に重要指標の妥当性を検証することで、現状を確実に把握することができます
  • 必要な情報に時間・場所を問わず迅速にアクセスすることで、最善の判断を下すことができます
  • パーソナライズが容易な各種の指標を設定することにより、組織のビジネス目標と連携することができます
  • 設定指標の寄与要因を深掘りし、責任者を迅速に特定してコラボレーションを図ることができます

 

 

分析プロセスを効率化

キナクシスは意思決定に役立つデータの多角的視点を提供してくれており、分析プロセスも容易になり日常業務に大変役立っています。また、経営陣に精度の高い総合分析結果を迅速に報告できるようになりました。もはやキナクシスは私にとって必要不可欠なソリューションです。

JOHN LEO氏、在庫アナリスト, Teradyne
複雑な問題をシンプル化

キナクシスはプランニング方法を根本的に変えてくれました。今では、複雑で膨大なデータを容易に管理・把握することが可能になりました。結果として、セールス&オペレーションプランニング(S&OP)プロセスを変革し、顧客とのコラボレーション、財務面におけるトレードオフの評価、そして確実なビジネス判断を効果的に行えるようになりました。

LIZET TYMON氏、アドバンスドプランニング担当ディレクタ, Jabil
RapidResponseは、世界中の著名企業における変動の激しいサプライチェーンの管理に貢献しています。