自己修復型サプライチェーン

パフォーマンスを改善し、サプライチェーンオペレーションの健全性を常に維持

専用の機械学習テクノロジにより、実用的な方法で価値を提供

サプライチェーンは複雑で内部の依存性に満ちています。特定領域の問題は全体に伝播し、大きな損害をもたらす可能性があります。Self-Healing Supply Chain™(自己修復型サプライチェーン)でこうした問題を解決することができます。

予測と実際の結果のギャップを自動的に解消

高度な機械学習アルゴリズムにより構築された自己修復型サプライチェーンは、サプライチェーンプランニングと実行結果の間のギャップを埋め、潜在的な問題を特定し、プランニングのパフォーマンスに影響を与える前に軌道修正を行います。

検知、分析、修復

自己修復型サプライチェーンにより、予測と実際のパフォーマンスを比較した場合のインパクトの強い例外項目を把握します。重要なビジネス指標を用いて適切でない予測のインパクトを測定し、カスタマイズ可能な許容誤差に基づき自動的に不一致内容を修正します。その後継続的に監視し、時間をかけて予測内容を調整することで継続した価値を創出します。

ビジネスの成果を改善

  • 不正確なサプライチェーン予測を自動修正することでパフォーマンスの低下を防止
  • 予測と実際のパフォーマンスを比較した場合のインパクトの高い例外項目のアラートを発信します。
  • 重要なビジネス指標におけるリードタイムなど、不正確な予測のインパクトを早急に把握します。 
  • 予測精度の自動かつ継続的な改善によりビジネスの成長を支援します。
自動修復型サプライチェーン(Self-Healing Supply Chain™)

この短いビデオでは、自動修復型サプライチェーンの機能とメリットを紹介しています。

Self-Healing Suppy Chain Video
何年も先を行くソリューション

自己修復型サプライチェーンのアーリーアダプタになれたことを光栄に思います。キナクシスのRapidResponseは、サプライチェーンソフトウェアのテクノロジや高度なコンセプトにおいて常に何年も先を行っており、今回のイノベーションもそれを証明しています。

Leah Slaughter氏, サプライチェーン担当バイスプレジデン, SigmaPoint Technologies Inc.
高度な機械学習

高度な機械学習機能により、供給計画の変更を自動で検出し、ビジネスへのインパクトを予測してアクションの代案を提案できるようになったことで、Plexusは顧客ニーズに応える術を得ることができました。

SCOTT THEUNE氏、グローバルサプライチェーン担当シニアバイスプレジデント, Plexus Corp.
世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。