2018年1月24日(水)東京発 - クラウドベースのコンカレントプランニングソリューションRapidResponse(R)を提供するKinaxis Inc.(TSX:KXS)の日本法人であるキナクシス・ジャパン株式会社(以下キナクシス)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 敏也)は本日、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ自動車)が同社の車両需給管理プロセスにキナクシスを選択したと発表しました。愛知県に本社を置く大手自動車メーカーのトヨタ自動車は、これまで生販で分かれていた車両需給のプランニングシステムをRapidResponseにリプレースすることにより、車両・ユニット台数を管理し、販売計画と生産能力の情報を連携させ、販売部門と生産部門で共有していく予定です。

トヨタ自動車のコーポレートIT部 部長、中野 巌氏は次のように述べています。「私たちはキナクシス社と協業し、RapidResponseを活用することで、生販一体で目指そうとしている、"お客様要望への柔軟な対応とムダな在庫を持たないリーンな生産" をより高度化し、その上で継続的な改善を加えられる基盤となる"と期待しています。」

また、キナクシスのCEO、John Sicard(ジョン・シカード)は以下のようにコメントしています。「私たちは、一流企業のブレークスルーの推進をお手伝いできることを非常に喜ばしく思います。自動車メーカーのサプライチェーンの効率化において我々はすでに実績を保有しており、革新的なクラウドベースのコンカレントプランニングプラットフォームを導入することにより、迅速に『What-if』シナリオを作成し、多様な供給変動管理戦略のインパクトを把握することで、トヨタ自動車が優れた成果を挙げられるように支援できれば幸いです。」

【キナクシスについて】

キナクシスは、クラウドベースのサブスクリプションソフトウェアのリーディングプロバイダであり、お客様のサプライチェーンオペレーション全体にわたり、分析と意思決定の改善および迅速化を支援しています。サプライチェーンにおけるプランニングと分析機能を提供するRapidResponseを活用することにより、複数の相互接続されたサプライチェーンマネジメントプロセスの管理基盤を構築することができます。RapidResponseは、個々の多様なソフトウェアソリューションを組合せることなく、シングルプロダクトとして機能することで、サプライチェーン全体にわたる可視性の向上、変動する条件に対する迅速な対応、そして結果としてオペレーション効率の飛躍的な改善を実現します。

インベスターリレーションズ:

Rob Kelly | LodeRock Advisors Inc. 
T: (416) 992-4539
rob.kelly@loderockadvisors.com

本プレスリリースに関するお問合せ先:

キナクシス・ジャパン株式会社
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-2-3 フナトビル5F
担当:桑原(くわばら)
Email:kinaxisjapan@kinaxis.com
Tel: 03-5213-1851