サプライヤコラボレーション

サプライチェーンとのコラボレーションを可能にするサプライヤコラボレーションソリューション

サプライヤとの効果的なコラボレーション

従来のサプライヤコラボレーションのアプローチは、単に膨大なデータを収集するだけであり、サプライヤとの距離は縮まりませんでした。今日、サプライヤはビジネスおよびオペレーションの業績にとって重要であるにもかかわらず、こうしたアプローチはさほど価値をもたらしていません。

サプライヤとサプライチェーンで連携

RapidResponseのサプライヤコラボレーション機能は、サプライヤと効果的に連携し、プロアクティブに課題を解決することができ、サプライヤはバリューチェーン全体の状況を把握することが可能になります。結果として、変動の影響が出た後に慌てて対応することなく、早期に知り、迅速に対応することができます。RapidResponseにより、各社独自の業務プロセスや取引条件などに対応する単一のプラットフォームを活用し、すべてのサプライヤコラボレーションを編成することができます。

ビジネスの業績を改善:

  • データ、プロセス、人を連携させることで、プロセスサイクルの時間の短縮、新たな情報への対応、そしてコラボレーションによる情報に基づく適切な意思決定を実現
  • サプライヤに対するコントロール/オーナーシップと、サプライヤから求められる連携、調整とのバランスを保持
  • コラボレーションによるレビューや調整を生かした購買注文や予測リクエスト
  • サプライヤのコミット内容を追跡し、要望に対する実際のギャップを把握
  • 購買者のレビューと承認を効率化
  • 購買注文と予測変更をエンタープライズリソースプランニング(ERP)と同期
複数のサプライヤとのプランニング時間を短縮

RapidResponseにより、複数のサプライヤとの迅速なプランニングが可能になりました。

LOB担当マネージャ, 大規模エンタープライズ通信機器会社

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

サプライヤコラボレーションと他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

サプライヤコラボレーションアプリケーションを利用している組織では、生産能力計画(制約)供給アクション管理アプリケーションをサブスクライブしています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。