SAPのプランニング機能を拡張

キナクシスとSAP ERP: サプライチェーンプランニングを共に変革

キナクシスでSAP ERPへの投資を最大限に活用

大規模企業では、必ずと言っていいほどエンタープライズリソースプランニング(ERP)システムが導入されており、マルチインスタンスのERPシステムである可能性が高いと言えます。SAP ERPはビジネスのバックボーンかもしれませんが、すべてを実行できるわけではありません。現在SAP ECCを導入している場合でも、SAP S/4HANAに移行しようとしている場合でも、SAP IBPの影響を比較検討している場合でも、キナクシスは大きな付加価値をもたらすことができます。

01

世界唯一のコンカレントプランニングプラットフォーム

他の計画プラットフォームとは異なり、RapidResponseは即時のwhat-ifシミュレーション、同期されたエンドツーエンドのコラボレーション、コンカレントプランニング(同時並列計画)を提供します。これにより、統合型のサプライチェーンプランニングにおいて比類のない俊敏性、スピード、効率性をもたらします。キナクシスは、変動の著しい今日の世界で収益を上げ続けるために、従来のサイロ化されたプランニング手法からの脱却を支援します。

02

SAP環境でのサプライチェーンプランニングの向上

セキュアなクラウドベースの統合レイヤーを使用して、社内外のデータを統合します。SAP ERPおよびSAP Cloud Platform向けの組み込みテンプレートにより、迅速かつ容易に、業務システをSAP APOとつなぎ、SAP APOとの共存を図ることが可能になります。SAP以外のデータソースやOracleなどの他のERPを統合して、システム全体を1つにまとめることもできます。

03

サプライチェーン全体を1つのプラットフォームにつなぐ

期間、ビジネスプロセス、組織の境界を越えて、単一のプラットフォーム上でリアルタイムで同期された計画を策定し、管理します。キナクシスではエンドツーエンドのサプライチェーン全体にわたり、バッチ、メッセージ、そしてリアルタイムの転送機能を提供し、柔軟性に優れた統合を実現します。

SAP + キナクシス=サプライチェーンの成功

キナクシスは、既存のサプライチェーンシステムへの投資価値を高められるように障壁を取り除き、よりスマートで収益性の高い意思決定を驚くほど高速に行えるようにします。実際にToyota、Merck、Schneider Electricなどの大手企業が、キナクシスを活用してSAP ERP投資の価値を最大化しています。

Schneider Electric
Merck

シームレスなSAP ERP統合

複数のERPシステムとデータソース間で需要と供給のバランスを瞬時にとります。時間の変化に応じて収益性の高い意思決定を行い、顧客との約束を守ります。また、不確実な移行戦略や追加モジュールに頼ることなく、プランニングプロセスを今すぐ改善します。

 

SAP Mobile

 

サプライチェーンの変革
「当社ではサプライチェーンを新しく作り変える必要がありました。検討したソリューションの中で、キナクシスは当社に必要な速さと俊敏性を本当に提供してくれる会社だということがわかりました。当社はまた、社内外のコラボレーションを増やし、意思決定にかかる時間を短縮して、新たな知見を獲得することで、チャンスを上手く活用し、ビジネスチャンスとリスクに迅速に対応できるようになることにも期待しています。」
Luigi Giucca氏, サプライネットワークオペレーショングループ長
British American Tobacco、SAPの顧客

Headline: ご質問がございましたらエキスパートにお問合せ下さい。

お問合せ

Kinaxis RapidResponse

世界唯一のコンカレントプランニングプラットフォームの機能をご説明します。

詳細はこちら

すべてのソリューションを見る