需要管理

ステークホルダの意見を反映したコンセンサスベースの需要計画

推測に頼らない正確なプランニング

これまで行われてきた縦割り組織ごとのプランニングは、企業にとって非効率なものでした。最適な需要計画とはすべてのステークホルダの意見が反映されたものだと言えます。つまり、顧客に最も近い販売やマーケティング、あるいはサプライヤに近いオペレーションや財務の担当者が関与すべきです。こうしたステークホルダが連携することで、市場および顧客のニーズに対するサプライチェーンの能力やリスクのバランスをとることができます。

ニーズとリスクの適切なバランシング

RapidResponseの需要計画機能により、需要計画作成部門は単一のプラットフォームでコラボレーティブなプロセスを経てコンセンサスベースの計画を作成することが可能になります。需要計画を戦略的な生産能力管理および供給管理と組合せることで、プランニングリスクの削減、積極的なパフォーマンスの監視、および変動時における需要計画の調整を行うことができます。

ビジネスの業績を改善

  • 需要計画サイクルの短縮と予測精度の向上
  • シームレスでクロスファンクショナルなコラボレーション
  • 需要と製品ライフサイクル管理を含む他のサプライチェーン機能との連携による総合的な視点を獲得
  • 売上機会を最大化する緊密な調整、並びにコストの抑制を維持する需要および供給のリスクのプロアクティブな解決を実現
  • 販売、マーケティング、財務の各計画を共有

アプリケーションプロセスのコンポーネント

サプライチェーンは各社各様ですが、適用できるベストプラクティスも存在します。キナクシスのワークフロープロセステンプレートを活用することで、プロセスを早期に開始し、目標に合わせて柔軟に変更するとともにパーソナライズ化することができます。

Demand Process
SAP APOよりも優秀

SAP APOをRapidResponseの需要計画アプリケーションにリプレースしたところ、予測精度が向上し、計画サイクルの時間が短縮されました。

オペレーション担当マネージャ, Fortune 500通信機器会社
予測回答時間を50%短縮

RapidResponseにより、顧客に対する予測回答が最低50%向上しました。また、顧客プランニングのコラボレーションが実現したことにより、予測計画も改善しました。

IT担当マネージャ, 大規模エレクトロニクス企業

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

需要計画と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

統合型プロジェクト管理アプリケーションを利用している組織では、S&OP アプリケーションソもサブスクライブしており、 統合供給計画 または 受注処理アプリケーションと併用することでさらなる付加価値を得ています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。