自動車産業

グローバルサプライチェーンのアクセルを踏んで、結果に向けて加速

絶えず変化している領域において成功を推進

新興技術と破壊的技術、変化する顧客の嗜好、持続可能性に関する新たな規制、急速に変化する関税政策、政治的な不確実性全般。自動車産業は、この不確実な領域をただ単に乗り切るだけでなく、このような状況にもかかわらず、どのようにしたら成功を推進することができるのでしょうか?

Kinaxis RapidResponseを使って、自動車業界のリーダーは同時並列計画を活用し、日々の課題や業界が直面する広範な混乱に賢明な解決策を作成しています。接続したエンドツーエンドのサプライチェーンは、ネットワーク全体でデータ、人、プロセスを同期します。すべての人がすべての人と唯一の真実の情報源に結びついたとき、組織全体の機能はビジネスの利益に資する決定を自信を持って下すことができます。

 

 

 

私たちのテクノロジーが適合する理由

可視性の向上

グローバルサプライチェーン全体における真のエンドツーエンドの可視性により、サイロが壊されるので、運用全体がより戦略的になります。サプライチェーンのある地点での変更はネットワークの上流にも下流にも反映されるので、各機能は課題をより早く知り、より早く動くことができます。

サプライヤコラボレーションの強化

流通チャネル、車種、地域、収益、供給割当てなど、設定された基準を元に発注の優先度を決めることができます

アジャイルなシナリオ分析

シナリオベースの計画により、変更を実施する前に複数のオプションを評価できます。企業全体に与える影響を理解したとき、より賢明で確信のある意思決定を下すことができます。分析のスピードにより、変動に対してより機敏で応答性の高いアプローチを取ること可能になります。

予測精度の向上

常時オンのアナリティクスは、需要、供給、または能力への予期せぬ変更の影響を、発生後直ちに評価することに役立ちます。瞬時に解決策に取り掛かることができるため、時間とリソースの無駄がなくなります。

変化している領域に対する次のシナリオ

ヤマハは絶えず変動する市況下で、性能のイノベーションに関する長年の歴史があります。財務および運用指標の両方に基づいたWhat-nextシナリオを構築する機能により、私たちはエンドツーエンドのサプライチェーンの整合性を図り、変動するマーケット環境により迅速に対応し、今後も長期にわたってお客様がヤマハ発動機の製品で思い出を作る素晴らしい経験をしていただけるようにしていきたいと考えています。

生産本部生産戦略統括部デマンドチェーン革新部部長の今西貴弘氏, ヤマハ発動機

 

これらの企業はサプライチェーンプランニングに対するアプローチを変革し、今では素早く知り、迅速に対応することが可能になりました。

アクイアの導入事例

自動車産業向けのキナクシスソリューションについては以下よりお問合せ下さい。