供給アクション管理

資材オプションを迅速に把握し、サプライチェーンに効果的に反映

変動時に迅速に代替アクションをシミュレーション 

サプライチェーンの意思決定において、シミュレーションは進むべき最善の道を判断する上で強力なツールになります。しかしながら、シミュレーションはビジネスのスピードに合わせて実施すべきであり、後れをとればそこから得られる知見は僅かなものであり、役に立ちません。

素早いシミュレーションで実用的な知見を獲得

RapidResponseの供給アクション管理機能は、供給計画と需要計画の間で不整合が生じた場合、即時アラートを発信し、これまで数時間を要したオプションのシミュレーションを数分で実行することができ、配送の遅延やコスト超過などネガティブ要素を回避するためにタイムリーかつ適切なアクションをとることができます。こうした機能はコラボレーションが可能な単一のプランニングプラットフォーム上で処理されるため、問題の早期解決につなげることが可能になります。

ビジネスの業績を改善:

  • 優先度の高い供給アクションの早期特定と実行
  • ビジネススピードに合わせ、アクションの選択肢を広範かつきめ細かく評価
  • 最善策を割り出すための広範なシミュレーション、コラボレーション、結果分析機能
  • フォーカスすべきアクションを迅速に把握できる、例外を考慮した供給分析ダッシュボード
  • エンタープライズリソースプランニング(ERP)と連携し、購買注文、購買請求、作業指示、割当て、あるいは転送注文に関するアクションをトランザクショナルERPシステムに反映
新規購入費を26%削減

私たちは2012年5月にケンタッキー州ルーイビルでキナクシスを導入し、ビジネスをうまく循環させることで新規購入費を26%削減することができました。

Peter Coulter, 需要計画担当, Flex

サプライチェーンジャーニーにおける次なるステップとは?

供給アクション管理と他の関連アプリケーションを併用し、各プランニングプロセスを同同期させることで、大きな付加価値を得ることができます。

供給アクション管理アプリケーションを利用している組織では、統合供給計画 基準生産計画、またはサプライヤコラボレーションアプリケーションをサブスクライブしています。
 

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。