新型コロナウィルス:サプライチェーンとサプライチェーンを動かす人々への影響

addtoany linkedin

今日のグローバルサプライチェーンリーダーは、想定外の事態を予想すべきことを理解しています。自然災害、規制が突然変更になること、社会的および経済的変化、さらにはサイバー攻撃に備えています。ただし、事象によっては他の事象と比べても、かなり破壊的なものがあります。最近の新型コロナウイルスの大発生はコミュニティを動揺させ、中国の武漢の生産施設での製造に依存する企業を危険にさらしています。この地域の施設が生産遅延の可能性に直面しているので、グローバル企業は代替のサプライヤーを検討しています。新型コロナウイルスの症例数は増え続けており、この地域は封鎖され、輸送および商品の流れが制限されています。その影響も今後のタイムラインも全く不明なため、計画はさらに難しい状況です。非常に多くの人々の生活と健康への支障をきたしているので、企業はその影響をコントロールするために迅速に行動したいという思いを強めています。病気の大発生が今後も予測不能性なことと相まって、より早く知り、より速く動くニーズに新たな緊急性が加わりました。

順次計画における不適切な予後診断

最良のシナリオで、プランナーは新型コロナウイルスの特定から武漢封鎖の日までに、サプライチェーンの緊急時対応計画を実行する、または代替策を探すため3週間あったでしょう。多くの組織が現在使用している遅くて順次の計画プロセスでは、これは十分な時間ではありません。これらのプロセスは、チームが他部門と連携をとらずに作業し、データ収集は分断されたスプレッドシートで行われ、製造が地球の反対側ではなく同じ都市で行われた時代用に設計されたものでした。順次計画では封鎖の経済的影響を判断するだけでも数日から数週間かかる場合もあり、可能な製造の代替策を探すことにさらに時間がかかることは言うまでもありません。急を要する緊急事態では、その遅延は許容できるものではありません。武漢の新型コロナウイルスによる封鎖などの場合、施設の代替策を考案するプランナーが多くの場合、その危機に直接的に影響を受ける人達であるため、信頼できるサプライチェーン計画プロセスは特に重要となります。それに対して、現代の計画プロセスは、今日のグローバルな常時接続している市場と絶え間ない変化への対応への備えができています。プランナーは、数週間ではなく、数分で代替策と影響を理解する必要があります。彼らは、遠く離れた契約メーカーの管理などの日常的な課題や、自然災害やウイルスの大発生など10年に1度発生するような混乱にも対応可能です。

非効率的な計画の解決策

プランナーが時代遅れの計画プロセスで達成できるだろうことを想像する代わりに、次のことを想像してください。あなたの会社に武漢の封鎖が通知されました。工場の閉鎖後直ちに、全グローバルネットワークはその影響を同日中に把握します。誰もがその影響を企業、ビジネス、個々のレベルで確認できます。

また、閉鎖がネットワークの他の部分に与える影響も確認できます。プランニングソフトウェアのプロセスは、遅延出荷を受取るサプライチェーンの箇所と、出荷の何パーセントが遅延するかをプランナーに即座に警告します。プランナーは、この情報を数時間または数日間かけて実際に操作をした分析の後に検出するのではありません。彼らは、数秒以内に、プランニングソフトウェアに組み込まれたアルゴリズムによって作成された直感的にわかる、グラフィカルインターフェースでその情報を確認します。

プランナーはこの情報を入手すると直ちに、シナリオプランニングプレイブックを使用して代替の調達源を調査します。オーダーを充足し、サプライチェーン全体の健全性を回復できる施設を探します。

プランナーは、主要なビジネス指標を使用して、生産施設の変更による経済的影響を評価することもできます。1日が終わる前に、プランナーはオンタイムで予算内にオーダーを充足する緊急時対応計画を作成しました。

遠い未来を想像しているのではありません。このプロセスは、世界中のリーディングカンパニーにおいて、すでに実践されているものです。コンカレントプランニングと呼ばれ、高速かつ接続され、信頼性があるプロセスであり、多くの運用に不可欠になっています。このプロセスは、ハリケーンイルマの直後、Procter & Gambleのサプライファミリーでの非常に必要とされた商品の対応を支援しました。予想外の関税に直面したLippert Componentsは、このプロセスにより数百万ドルの費用を抑えました。また、山火事で本社が破壊した後でさえ、このプロセスにより、Keysight Technologiesは顧客オーダーのキャンセルを避けることができました。コンカレントプランニングは、サプライチェーン全体で同期化した計画を開発および管理するプロセスです。サプライチェーンの各ノードは次のノードと連携しており、各チームは他のチームとデータを共有しています。誰かがシステムのどこかで変更を加えると、その変更はネットワークの残りの部分に上流にも下流にも直ちに反映されます。

すべての関係者は戦略的に連携し、情報が周知され、確信を持つことができるので、自分の決定が成功につながることを理解しています。コンカレントの利点は、単なるサプライチェーン計画を超えていると私たちは信じています。これらのプロセスは、複雑さを明確にし、たとえ何マイルも遠く離れていたとしてもコミュニティをひとつにし、全員を共有ミッションに結び付けます。新型コロナウイルスの大発生のような課題に直面した場合、これらの機能は人々が力、楽観、安定性を取り戻す支援となります。

Leave a Reply

Get Blog Updates

Stay up to date with blog posts by email:

Eloqua webform