キナクシスのプラットフォーム:RapidResponse

サプライチェーンの迅速かつ有効な意思決定

キナクシスのRapidResponseプラットフォームにより、今日の不確実なサプライチェーンの管理に必要となるスピード、柔軟性、そして効率性を確保することができます。

RapidResponseのコンカレントプランニングにより、協業による迅速なビジネス判断を下すことが可能になります。もはや顧客との約束を反故にすることもありません。エンドツーエンドの可視化により、想定外のリスクを削減し、パフォーマンスを追跡することができ、時間をかけて洗練された計画を作成することが可能になります。また、プランニングオートメーションにより、コストを削減し、生産性を向上させることができます。ワークフローや責任分担の効率化は、重視すべきポイントに重点的にフォーカスできることを意味しています。

キナクシスのテクノロジの特長

集約

単一のクラウドベースのプラットフォーム、コードベース、データモデルにより、あらゆる部門/業務のプランニングにわたり、データ、プロセス、人を連携させます。

レスポンス

分断された、直線的なプランニング手法に依存することなく、サプライチェーン全体を横断してリアルタイムで計画、監視、そして変動に対応することができます。

パフォーマンス

数秒で計算が完了するインメモリデータベースにより、数日あるいは数週間単位ではなく、数分単位で計画を作成することができます。

生産性

パーソナライズされたダッシュボードやスコアカードを用いて、計画作成者、経営陣、あるいは上級者のユーザ向けに仕立てられた単一のロールベースのユーザインターフェースでスマートに業務を遂行することができます。

コラボレーション

プラットフォーム上に集約された必要情報を活用し、適切な関係者によるコラボレーションにより問題を解決することができます。

スケーラビリティ

膨大なレコードや制限のない多くのシナリオを追跡する常時稼働のストリーミングアナリティクスや機械学習アルゴリズムをプラットフォームで活用することができます。

予測

無制限のデジタルツインが可能なデータベースで、過去または現在から将来を予測することができます。

連携

ERPシステムなど複数のソースの統合データをサプライチェーンと重複なく同期させることができます。

構成

コーディングが不要な容易な構成機能により、プランニングモデルを最新の状態に保つことができます。

柔軟性

操作性に優れたレスポンシブな設計で、あらゆるデバイスで利用することができます。

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。