キナクシスの手法:コンカレントプランニング

今日の不確実性に順応

従来のプランニング手法は、今日の複雑かつ不確実で日々進化している市場にそぐわなくなっています。分断された直線的なプロセスは、望む結果を得ることが困難になっています。

今こそ従来の手法から脱却し、直感的に理解できる新たな方法でプランニングするべきです。コンカレントプランニングは、エンドツーエンドのサプライチェーンを迅速かつ継続的にバランスを取ることができます。供給、需要、生産能力、在庫のすべての連携が実現します。また、セールス&オペレーションプランニング(S&OP)や統合型ビジネスプランニング(IBP)も同期させることができます。

直列的なプランニングからの脱却 

直線的なプランニングは、あたかも伝言ゲームの中にいるようなものです。必要な情報が届くまで数人を経由することなり、メッセージが届いても果たしてそれが正しいものかどうか疑わしいものです。

結果として悪循環に陥ってしまいます。他の部門の計画作成を待つ必要があり、その計画を元に次の計画が作成されますが、最初の計画に影響を及ぼすことが判明する場合があります。データの最新バージョンが共有されていないこともあります。結果として連携ミスにより最初からやり直しのケースも発生してしまいます。

新たな手法 - コンカレントプランニング

コンカレントプランニングの場合、大規模なカンファレンスコールに参加していることを想像してみて下さい。皆が同時に同じ情報を共有し、そこであらゆる問題を提起することができます。そこには、サプライチェーンの一領域ではなく、ビジネス全体にとって最善の判断を下すための明朗性が存在します。

  • 計画する:データ、プロセス、人が連携し、最新のグローバルデータを活用して同時に協業することができます。
  • 監視する:サプライチェーン全体にわたり、特定の変動がもたらすインパクトを迅速に把握、理解することができます。
  • 対応する:リアルタイムに判断し、共通の目標に沿ってチームが連携することができます。

他にコンカレントプランニングを提供しているベンダーがいるなら、証明してもらうべきです。

キナクシスのRapidResponseプラットフォームにより、コンカレントプランニングが可能となり、エンドツーエンドで成果を高めることができます。関係者と協働でより早期に業務判断を下すことが可能となり、顧客の要望に応えるとともにリスクとコストを削減することができます。

サプライチェーンプランニングの成熟度モデル

Supply chain planning maturity model

世界の著名な企業は、変動の激しいサプライチェーンの管理にRapidResponseを活用しています。