サプライチェーンにおけるAI。

エンドツーエンドのサプライチェーン・オーケストレーションに必要なインサイトとシグナルを提供する専用AI。

インテリジェントです。人工的ではありません。

ブラックボックスのAIですか、それとも正しいAIですか?Kinaxisは原則に基づいたアプローチを採用し、人間中心のAIと並行性のパワーを巧みに組み合わせることで、地球上で最もインテリジェントなサプライチェーンを実現します。

5 Principles AI


AIとは?

AIとは、コンピュータが人間の知能を模倣して問題を解決する科学です。この科学は、膨大な量のデータからパターンを発見することで、意思決定のスピード、精度、洗練性を向上させるため、多くの分野で利用されています。推奨事項の生成、インサイトの予測と表面化、スピードとスケールの提供、プロセスの自動化により、生産性を向上させることができます。


サプライチェーン管理における人工知能。

サプライチェーン管理におけるAIでは、この科学をサプライチェーンに関わるさまざまなプロセスに応用します。

AIを活用することで、企業は業務効率を改善して、コストを削減するとともに、売上高を増加させ、顧客満足度を高めることができます。AIは、需要予測、供給計画、在庫管理、輸送最適化、受注管理など、サプライチェーンのさまざまな領域に応用でき、計画から実行まで影響を及ぼします。

需要予測では、AIが市場動向やその他の外部要因を考慮して履歴データを強化し、将来の需要を正確に予測できます。予測精度を高めることで、企業は在庫レベルを最適化し、在庫切れや過剰在庫を回避できます。

計画システムで供給リードタイムを最新の状態に保つことはこれまで以上に難しくなっています。部品表が複雑になればなるほど、プランナーは、部品に関する時代遅れの想定を展開させることになります。すべての調整をプランナーが時間を割いて更新する必要があるとは限りません。AIは、過去のパターンに基づいてリードタイムを予測し、プランナーが設定したパラメーターには介入せず、変更を自動的に更新できます。

サプライチェーンにおけるAIの歴史。

AIの概念は何十年前からありましたが、サプライチェーンマネジメントへの応用の重要性は急速に拡大しています。

1956
AIの誕生
Marvin Minsky と John McCarthy が主催したダートマスワークショップは、AI分野が台頭するきっかけとなった極めて重要なイベントでした。この用語は、インテリジェントな動作ができる機械を開発するという考えを強調するために作られました。このワークショップは、AIがその名称、使命、主要プレーヤーを獲得した瞬間でした。
1970年代
第1次AIの冬
AIが実現した成果はまだ限られており、その価値が証明されるに至らなかったため、AIへの投入資金が激減し、「第1次AIの冬」と呼ばれる時代が到来しました。AIプログラムは、主に当時のコンピューティング能力が不足していたために、能力が十分に発揮できずにいました。
1980年代
エキスパートシステムの台頭
1980年代、「エキスパートシステム」と呼ばれる形式のAIが世界中の企業に採用され、AI研究の主流となりました。商業市場に最初に登場したエキスパートシステムは、「XCON」と呼ばれるものでした。これは、顧客の要件に基づいてコンピューターシステムのコンポーネントを自動的に選択するように設計された生産ルールベースのシステムでした。その成功は、複雑な問題解決タスクにおいて専門家を支援するAIの可能性を示すものでした。
1990年代
第2次AIの冬
その技術革新が拡張性に乏しく、予想以上に難しいことが明らかになると、技術に対する熱意は再び冷めていきました。
2012
ImageNet とディープラーニングが世界に火をつける
トロント大学のAlex Krizhevsky、Ilya Sutskever、Geoffrey Hintonによって設計されたAlexNetは、長い間AIの最高到達点と考えられていた画像分類に革命を起こしました。このチームの作品はImageNetコンペティションで優勝し、過去のベンチマークを桁違いで上回りました、この斬新なアプローチは、カナダ政府から資金援助を受けている研究室との共同研究から生まれたもので、大手ハイテク企業が次々とディープラーニングを採用したことで、ディープラーニングの優位性が始まりました。第2次AIの冬の終わりは、カナダの土壌に深く根ざしていたのです。
2020
サプライチェーンのAIを変革するKinaxis
Kinaxis は、イノベーションとテクノロジーのパイオニアとしての豊かな歴史を今後も継続し、カナダが生んだAIの進歩の遺産を活用することで、サプライチェーンにおける標準的なユースケースを超えてAIを活用して、需要と供給両方の現実的な問題を解決する唯一の企業となります。
2022
生成AI
ディープラーニングは、11月のリリース以来、史上最速で消費者にテクノロジーを普及させた ChatGPT 登場の中核をなす要素として、世界に革命をもたらし続けています。ディープラーニングは、最もよく知られた生成AIツールですが、この応用分野が爆発的に人気を得たのは、言語理解とコンテンツ生成の能力を備えていたからです。生成AIは、大規模な言語モデルを使用し、膨大なデータを活用してリアルなテキスト、分析、コミュニケーションを生成します。

実績あるイノベーターが、サプライチェーンにおけるAIの未来を切り拓く。

当社は、需要と供給の両方にまたがるAIベースのソリューションを提供した初の企業です。  当社は、60件を超える特許を取得済みまたは申請中であり、人工知能を利用したサプライチェーン管理を積極的に推進しています。当社の人材は、世界のサプライチェーンへのAIの導入をリードし続けています。

デモをリクエストする