News Release

キナクシス、アクセンチュアとRapidResponseのサポートで提携

addtoany linkedin

2015年10月14日(水)カナダ、オタワ州発 - クラウドベースのSCM/S&OPアプリケーションRapidResponse® を提供するKinaxis® (TSX:KXS)(以下キナクシス)は本日、アクセンチュアと提携し、今後キナクシスのRapidResponseの製品開発およびトレーニングサービスで協業していくと発表しました。また、両社は顧客企業のサプライチェーンソフトウェアソリューションのニーズを満たす、新たなサプライチェーンソリューションを共同開発していく予定です。

アクセンチュアは、先進的なプロフェッショナルサービス企業として、戦略、デジタル、テクノロジ、そしてデジタルサプライチェーン編成ソリューションを含むオペレーション能力を通じて、コンサルティングおよびアウトソーシングサービスを提供しています。

キナクシスのRapidResponseは、あらゆる業種の大企業がより効率的かつ高い収益性を可能にするエンドツーエンドのバリューチェーンの実現を支援しています。また、分析プラットフォームも提供しており、企業全体にわたるサプライチェーンの計画、監視、そして対応調整を推進します。

キナクシスのCEO、Doug Colbethは次のようにコメントしています。「信頼の置ける業界アドバイザとしての名声と、あらゆる業種や事業における豊富な経験と包括的能力を持つアクセンチュアと提携できたことを大変喜ばしく思い、今後世界中の大企業様に最先端のソリューションをご提供していきたいと考えています。」

キナクシスに関するニュースはLinkedInTwitterまたはFacebookでもご覧いただけます。

将来見通しに関する注意事項

本リリースには、適用される証券法の意義の範囲内で将来予想に関する記述に該当する情報が記載されています。将来予想に関する記述には、キナクシスの成長機会、およびキナクシスの製品やサービスにおける潜在的恩恵や需要が含まれています。これらの記述は、キナクシスの製品やサービスを業界の競合製品と比較した場合の総体的位置付けを含む特定の予測、リスク、および不確実性が内在しています。読者はこのような記述に対して過剰に依拠することのないようにお願いします。キナクシスの実際の成績、業績、成果または発展は、かかる記述に明示的または黙示的に示される成績、業績、成果または発展と大幅に異なる可能性があります。キナクシスの実際の成績、業績、成果、または発展が、かかる記述に明示的または黙示的に示される成績、業績、成果または発展との大幅な相違をもたらすリスク要因は、キナクシスがカナダの証券規制当局に提出した公文書で確認することができます。キナクシスは、法的に明示する義務がない限り、新たな情報、将来実施するイベントに伴う、将来予想に関する記述の更新または改訂の義務を負うものではありません。

※ 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。 

Contact Us

We love working with journalists to share compelling, unique stories. If you’re a journalist and would like to talk, please get in touch with the appropriate team member.

Media Relations
Danielle McNeil Taylor | Kinaxis
(343) 998-7284 
dmcneiltaylor@kinaxis.com

Investor Relations
Rick Wadsworth | Kinaxis
(613) 907-7613
rwadsworth@kinaxis.com